岩井滝をライトアップ 出典:山陽新聞

  • 投稿日:
  • by

2019-07-06_095045流れ落ちる水を裏側から眺められる「裏見の滝」として知られる岩井滝(岡山県鏡野町上斎原)が9日、初めてライトアップされる。5日夜に試験点灯があり、一帯が幻想的な雰囲気に包まれた。
ライトアップは、10日にある恒例の滝まつりをPRしようと同町観光協会が企画。5日は、同協会職員ら4人が4基の投光器で落差約10メートル、幅約8メートルの滝を照らすと、日が沈みきった午後8時ごろ、暗闇に水の“カーテン”が浮かび上がった。
9日は午後6時半~8時半に実施する。駐車場から滝までの遊歩道に照明がないため、見学するには懐中電灯などが必要。雨天中止。10日は午前10時半から護摩をたき、無病息災を祈る神事が行われる。