台風24号(Trami)

  • 投稿日:
  • by

2018-09-29_163908大型で非常に強い台風24号は29日、沖縄付近を暴風域に巻き込みながら北上した。勢力を維持したまま30日に西日本に上陸し、10月1日にかけて日本列島を縦断する見通し。大型で非常に強い勢力のまま上陸すれば、25年ぶりとなる。7月の西日本豪雨や今月上旬の台風21号の被災地も通過する恐れがあり、気象庁は最大限の警戒を呼びかけている。

気象庁によると、台風は29日正午現在、沖縄・久米島の南南東約40キロを時速20キロで北に進んでいる。中心気圧は950ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は45メートル。

29日午前には沖縄県南城市で観測史上最も強い56・2メートル、那覇市で50・9メートルの2018-09-29_164002最大瞬間風速を観測した。

上陸後は速度が上がるため、進路周辺では風がさらに強まる恐れがあり、30日にかけて予想される最大瞬間風速は九州南部や四国、近畿65メートル、関東甲信や東海50メートル。特に南から風が吹き込む台風東側では記録的な暴風になる可能性もあり、関東や東海では最大級の警戒が必要だ。

前線も活発化し、29日昼過ぎ以降は九州から関東でも雨が強まる見通し。10月1日午前6時までに予想される24時間雨量は、最大で東海600ミリ、四国と近畿、関東甲信500ミリ、九州北部と中国、北陸300ミリ。

被害も出始めており、沖縄県のまとめでは、うるま市で29日朝、男性(62)が風にあおられて転倒するなど、これまでに県内で男女6人が重軽傷。沖縄電力によると、同日正午現在、那覇市や宜野湾市など県全体の約3割に当たる計18万9220戸が停電している。

Trami(チャーミー)
ベトナムが用意した台風名。日本など14か国から構成される台風委員会が各刻で用意した140の台風名から命名される。