ブラシの木

  • 投稿日:
  • by
P5263098.JPGブラシの木(別名「花槇(はなまき)」)と植物の鉢植えをいただいた。
いずれ時期を見て露地へ下ろしてやらなければならないが、当面鉢で育ててみようと思う。
調べてみるとオーストラリア原産で日本には明治の中期頃に渡来したというから案外何処ででも見られるのかもわからないが全く気が付かなかった。
花弁は緑で小さくて目立たないが、赤(ときに白)の長い花糸が目立つ。穂状花序をなし、花序全体がブラシのように見える。花序の先から枝が伸びるという珍しい特徴があるらしい。
果実は朔果で、見た目には枝全体を取り巻く昆虫の卵のように見える(前記の特徴から、2,3年前の果実が順に枝に付く)。果実には粉状の種子が入っており、オーストラリアでよく起こる森林火災が起こると割れて種子を放出する。
ブラシノキ属には計34種があり、そのうちの数種が観賞用に栽培されている。
P5263111.JPGP5263102.JPGP5263118.JPGP5263122.JPGP5263120.JPG