2019-01-21_110207JR茶屋町駅のホームに、英語の乗り換え案内表示がお目見えした。3年ぶりの開催となる瀬戸内国際芸術祭を見据え、岡山駅などから瀬戸大橋線に乗って香川県・直島に向かう外国人客向けに、茶屋町駅の3番乗り場で宇野みなと(宇野)線に乗り換える必要があることを知らせる。
 同駅に二つあるホームの柱の幅に合わせ、アクリル板とシールで計24枚(縦150~95センチ、横21~16センチ)を配置した。マリンブルーに白抜きで「Platform 3 for Uno」(宇野行きは3番乗り場)などと記し、波や舵(かじ)もデザインしている。
 宇野線は日中、岡山―宇野間の直通運転が少ないため、茶屋町駅で瀬戸大橋線から乗り換える。過去の芸術祭では、外国人から「乗り換え場所が分からない」との問い合わせが相次いでおり、駅員の負担軽減も考慮して案内表示を設置した。
 JR西日本岡山支社によると、宇野線の利用者は近年減少が続くが、芸術祭が開かれた2010、13、16年度はいずれも前年度より増加。案内表示を発案した茶屋町駅の山本誠雄駅長は「多い日は40組ほど案内することもあった。外国人観光客の旅がより快適になってほしい」と話している。

田倉牛神社大祭 出典:備前市観光協会

  • 投稿日:
  • by

2019-01-05_120339本日は、吉永町の田倉牛神社にて『2019年 田倉牛神社大祭』が執り行われています。
参道にはたくさんの出店が軒を連ねていますよ。

田倉牛神社の特徴は、御神体が牛の像という珍しい神社である点です。
ここで参拝方法をご紹介いたします。

①備前焼で作られた子牛を御神体にお供えします。
[子牛像は参拝道でお買い求めいただけます]
②御神体にお供えしてある子牛を一体持ち帰ります。
③1年間大切に保管し心願成就したあかつきには、持ち帰った子牛と新しい子牛を一体添えてお返しします。

ぜひ、田倉牛神社にお越しください✩

田倉牛神社の周辺にはいくつかの駐車場がございます。お車でお越しの方はそちらをご利用ください。
駐車の際は係員の指示に従ってください。
※今現在、駐車場は、さほど混雑しておりません。スムーズに駐車可能です。

岡山戦国武将隊 出典:山陽新聞

  • 投稿日:
  • by

2019-01-05_115542岡山城へ、よう参られた―。県内の歴史や甲冑(かっちゅう)の愛好家が、宇喜多直家ら岡山ゆかりの戦国武将に扮(ふん)し、岡山城天守閣前広場(岡山市北区丸の内)で地域のPRに励んでいる。月に1回、歴史トークや写真撮影で観光客らをもてなし、親しみやすさから人気が急上昇中だ。今年の1回目は6日。いざ出陣―。
 「岡山戦国武将隊」の名で活動する。メンバーは岡山の礎を築いた戦国武将の宇喜多直家、秀家父子をはじめ、直家の弟・忠家、加賀藩前田家出身の秀家の妻・豪姫、宇喜多家家臣の明石全登(てるずみ)、後の岡山城主・小早川秀秋の6人。直家のおいに当たるという宇喜多詮家(あきいえ)、秀秋に仕えた杉原紀伊守、宇喜多家家臣の遠藤秀清も小姓役として登場する。
 発足は2017年10年。全国各地で武将隊による観光PRが盛んになる中、ボランティア団体「岡山戦国プロジェクト」の代表・井伊洋之さん(32)=早島町=が仕掛けた。
 細部までこだわった衣装に加え、往時をほうふつとさせる言葉遣いや立ち居振る舞いが女性や家族連れらに人気。岡山の歴史を語り、「宇喜多 秀 YEAH!」などの掛け声とともに記念撮影にも気軽に応じている。
 6日の出陣は午前11時~午後4時。岐阜県が拠点の「岐阜武将隊 信義徹誠(しんぎてっしん)」「響縁(きょうえん)隊」と、滋賀県近江八幡市をPRする「信長隊安土衆」が援軍として駆け付ける予定で、新年の幕開けを華やかに盛り上げる。
 2月以降の出陣は不定期。公式ツイッターで告知する。井伊さんは「記憶に残るおもてなしが目標。宇喜多家をはじめとする地域の歴史や魅力を伝え、岡山好きの人を増やしたい」と話している。(原文のまま・写真とも))

2019-01-02_110622日本自動車連盟(JAF)岡山支部などによる岡山県内のシートベルト着用状況調査で、後部座席の着用率が一般道路で41・0%と低迷し、より重大事故が起きやすい高速道路でも75・2%にとどまる実態が明らかになった。いずれの道路でも、2008年に義務化された後部座席での着用が定着しない現状が改めて浮かんだ。
 調査は、JAFと警察庁が昨年10月1~10日、全国の一般道780カ所と高速道104カ所で実施。うち県内では一般道16カ所、高速道2カ所で運転手と同乗者計約8800人を目視で調べた。
 後部座席の着用率は全国平均(一般道38・0%、高速道74・2%)をわずかに上回ったものの、前年調査と比べると一般道は5・6ポイント、高速道は17・8ポイント低下。08年との比較では、ともに10ポイント程度の伸びにとどまる。
 JAF岡山支部は後部座席での着用率が伸び悩む要因として「一般道では違反に罰則がないこと、高速道(違反点数1点)でも非着用の危険性について認識が不十分なことが考えられる」と指摘。
 事故が起きれば、運転手や助手席の同乗者にぶつかったり、窓から車外に投げ出されたりしかねない―とし、長距離移動が増える年末年始に当たって全席でのシートベルト着用を呼び掛けている。
 助手席の着用率は県内の一般道で95・6%(全国平均95・9%)、高速道は98・6%(98・5%)だった。

岡山県新成人2万人超え 出典:山陽新聞

  • 投稿日:
  • by

2018-12-31_2333372019年に成人式を迎える岡山県内の「新成人」は前年から245人増えて2万166人となり、9年ぶりに2万人を超えたことが、県教委の18年11月時点のまとめで分かった。岡山市での増加が目立ち、全体では3年連続のプラスとなった。
 県教委生涯学習課は「第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)の子どもが20歳を迎えていることや留学生の増加などが理由として考えられる」としている。
 新成人の内訳は男性1万351人(前年比291人増)、女性9815人(46人減)。増加率が高い自治体順では、岡山市7663人(165人増)、総社市820人(70人増)、真庭市441人(49人増)、備前市352人(35人増)、倉敷市5193人(30人増)―と続いた。
 増加の理由について、多くの自治体は「不明」とするが、岡山市はここ数年、新成人が毎年100人以上のペースで増えており、同市の成人式担当者は「大学進学などで他の自治体から移ってきているのでは」と推測。市内の複数大学が留学生を積極的に受け入れていることも影響しているとみる。

2018-11-30_120820岡山大病院(岡山市北区鹿田町)は、漢方医学に関する臨床と教育の強化を目的とした「漢方臨床教育センター」を開設した。近年、漢方の効用が改めて注目され、医師も処方するケースが増えている。適切な使い方を院内で広めるほか、医療関係者や医薬学生が体系的に学べるよう環境整備に力を入れる。
 同大病院では、開腹手術後の腸閉塞(へいそく)の予防や治療のため、ニンジンやサンショウといった生薬が含まれる「大建中湯(だいけんちゅうとう)」を処方するなど、複数の診療科が漢方薬を取り入れ使用頻度も高くなっている。
 センターの開設は今月1日で、漢方医学と関わりの深い総合内科、産科婦人科、薬剤部が中心となって運営。他の診療科の医師らと連携し、患者の状態や症状に最も適した漢方薬の処方を広めていく。
 教育面での充実を図るため、既に行っている漢方医学全般の勉強会(月2回)や専門家を招いた講演会(年2回)への参加を広く院内や学生に呼び掛け、内容によって院外の医療関係者にも対象を広げる。今後、勉強会の回数を増やすことを検討するほか、漢方専門医の資格取得も後押しする。
 漢方医学を巡っては、2001年、医学生が卒業までに最低限履修すべき教育内容をまとめた文部科学省のガイドラインに盛り込まれ、全国の大学医学部で教育が本格化。岡山大でも4年次に9コマ(1コマ60分)の履修が必修となっている。
 漢方専門医で、センターの実務を担う同大病院総合内科の植田圭吾医師(岡山大大学院准教授)は「西洋医学だけでは対応できない病気に漢方医学が必要とされるケースは少なくない。理論や方法論をしっかり学んで実践、教育ができる医療者を増やし、より充実した医療の提供につなげたい」と話している。

千人の金田一耕助 出典:朝日新聞

  • 投稿日:
  • by

2018-11-27_195459倉敷市真備町地区で24日開かれた仮装イベント「1000人の金田一耕助」に参加した約120人が、西日本豪雨で様変わりした一帯を練り歩いた。一行は複雑な思いで歩みを進めたが、住民は今年も寸劇などで歓迎し、秋晴れの「聖地」で交流を深めた。
澄み切った秋晴れの中、JR・井原鉄道の清音駅前には昼前から金田一などの仮装をした参加者たちが続々と集まってきた。血だらけの布に包んだ生首など、手の込んだ手作り小道具を持参している人もおり、参加者たちは「どうやって作ったんですか」など、出発前から和気あいあいと語り合っていた。

2018-11-19_152312真庭市の上蒜山(1202メートル)の麓にある牧草地に放牧されていた百合原牧場(同市蒜山中福田)のジャージー牛62頭が19日、冬に備えて約4キロ先の牛舎へ“引っ越し”した。
 間もなく降雪シーズンに入り、牧草が食べられなくなるために行う恒例行事。牛の一団は、この日午前10時ごろに放牧地を出発し、一般道を駆け抜けた。下り道とあって足取りは軽く、一目散に牛舎を目指した。中国四国酪農大学校の学生ら約20人も牛追いに協力し、「行けー」と大声を掛けながら一緒に走った。
牛たちは蒜山地域に春が訪れる来年5月まで牛舎で過ごす。

ジャージー種
ジャージー(Jersey)は、牛の品種のひとつ。乳牛として飼育される。
ホルスタイン程ではないが、世界中に広く分布しており、バター等乳製品を多量に生産している国(デンマーク、ニュージーランド等)では最重要品種である。
この牛から取れる牛乳はジャージー乳( - にゅう)と称される。乳質は濃厚で、乳脂率5%、無脂固形分率9%を超える。乳は脂肪球が大きく、バターを作りやすい。また、カロチンを豊富に含む為、黄色が濃い。乳量は少なめで、年間3,500kg程。最高日量はあまり多くないが、持続性が高い。
イギリス領海峡諸島のジャージー島原産で、在来のブルトンとノルマンとの交雑に発するが、過去600年程純粋に保たれているといわれ、斉一性が高いことで知られる。

玉野まつりの花火大会

  • 投稿日:
  • by

2018-11-16_223134西日本豪雨の影響で延期になっていた玉野まつりの花火大会が18日に開かれる。
午後7時20分~8時、玉野市宇野の藤井海岸沖から尺玉を含む約3千発を打ち上げる予定。
岡山県の南部、瀬戸内海に面する玉野市で開催される「玉野まつり」は、市民が一体感を共有できる伝統的なまつり。玉野市に古くから伝わる地踊り「かっからか」を現代風のリズムにアレンジした「かっからかニューバージョン」で「おどり大会」が繰り広げられる。今年は豪雨の影響により11月18日(日)に延期が決定。秋の花火大会として、藤井海岸沖を花火が夜空を彩る。
※雨天時:小雨決行、荒天時は中止

閑谷学校

  • 投稿日:
  • by

閑谷学校の楷の木が紅葉真っ盛りだ。
20181109_1940

朝晩の冷え込みが厳しくなるとともに、好天が続いていることから、岡山県内では一気に紅葉が進み、週末は県北を中心に色づいた木々を眺めながら、備前市の旧閑谷学校ではライトアップが11日まで行われている。
樹齢100年を超える楷(かい)の木と国宝の講堂が闇に鮮やかに浮かび上がっている。
31基の発光ダイオード(LED)照明を使用。西側は赤、東側は黄色に色付き、見頃を迎えた一対の楷の木と講堂が光に包まれ、荘厳な雰囲気を醸し出している。
楷の木は1915(大正4)年、儒学の祖・孔子の墓所がある中国・山東省で採取した種から育った。近年、樹勢が弱っていることから、管理する同学校顕彰保存会が手入れや施肥などを続けている。
ライトアップは午後6時から同8時まで。9~11日は地元団体による獅子舞などが披露される。同保存会によると、紅葉のピークは7~10日の見込み。