2008年12月アーカイブ

スーパー銭湯

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりに倉敷のスーパー銭湯「蔵の湯」へ行って来ました。
RIMG0028.JPG地下1000m付近から温泉を汲み上げていて、泉質は「低張性弱アルカリ性冷鉱泉」ということですが、マイルドで無色透明の湯が大変気持ちの良いスーパー銭湯で、入浴料金は410円(大人)です。
暫く間があきましたが、いつの間にか画像右側の建物を増築して、2階をレストルームにしているようでした。
--
1階--
全身浴・半身浴・水流浴・歩行湯・浮き湯・側面水流浴・エステ浴(立)・エステ浴(座)・足温浴・回転水流浴(座)・バブルホール(立)・背中足マッサージ(座)・全身水流浴(座)・気泡浴(座)・腰マッサージ(寝)・ミストサウナ
--2階--
トルマリン露天風呂・打たせ湯・ビタCシャワー・冷水浴・遠赤外線サウナ・塩サウナ

ヒマラヤ桜

| コメント(0) | トラックバック(0)

倉敷市笹沖の足高公園のヒマラヤサクラが、些か満開過ぎた感じながら快晴の青空に映えて美しい姿を見せています。
PC123808.JPGヒマラヤ桜は日本の桜の原種といわれており、ヒマラヤ山脈の標高1000-1200m付近の温暖帯に分布する常緑樹で11月から12月に咲きます。日本では、ネパールの故ビレンドラ国王が日本留学中に熱海市に寄贈した種子から育てられた3本が知られていますが、年11月下旬から12月にかけて薄ピンク色の見事な花を咲かせ、正月には青々とした若葉が人々の目を楽しませる。
最近、汚染ガス(CO2・SO2・NO2)の吸収同化能力に優れ、他の植物の2倍から7倍吸収力が強いといわれ、京都議定書に基づくCO2の削減計画もヒマラヤ桜の植樹で可能との試算もある程です。
特徴
・晩秋・冬咲きで常緑、冬でもつややかな新緑を楽しめる。
・花はソメイヨシノに負けない豪華さがある。
・二酸化炭窒素同化能力が高く環境浄化木として利用できる。
・虫の害がほとんどない。
・樹勢が強く強剪定が可能で、剪定枝は燻製材として再利用できる。

岡山県真庭市では早くも学級閉鎖をした小学校があるとか・・・
1129.jpgテレビの情報によると、手洗いや嗽をしてもどれほど予防効果があるか疑問だという専門家も居るようですが、まぁしないよりはした方がましだと信じて嗽を励行しましょう。
いつ何時新種のウイルスが出現してパンデミックインフルエンザに発展するかわからないし、そのときは、当然ながら現在のワクチンは効果が期待できないと言うから、全く恐ろしい限りです。
さぁ、皆さんご一緒に・・・
  ガラ、ガラ、ガラッー!!
インフルエンザに関する情報は・・・
 http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/fluQA/index.html

宇甘渓晩秋

| コメント(0) | トラックバック(0)

黄葉の名所、岡山県吉備中央町の宇甘渓は訪れる人影さえ皆無で、静かな晩秋の気配が漂います。
PC043800.JPGPC043793.JPG

閑谷初冬

| コメント(0) | トラックバック(0)

平日にも拘らず、駐車場には観光バスが10台も・・・いやー吃驚仰天!!
PC028525.JPGPC028543.JPG
とても12月とは思えないほどの好天に恵まれ閑谷は大賑わいですが、さすがに黄葉亭は初冬らしい気配に包まれてひっそりと静かな佇まいを見せていました。

牛窓の由来

| コメント(0) | トラックバック(0)

オフシーズンで人影はまばら、フェリーも軽自動車が一台だけ、ひっそりと静まり返っている牛窓の港です。
PC018500.JPG-牛窓の由来-
神功皇后が三韓征伐の道中、この地で塵輪鬼(じんりんき=頭が八つの大牛怪物)に襲われたが弓で射殺。皇后が新羅からの帰途、成仏出来なかった塵輪鬼が牛鬼になって再度来襲、住吉明神が牛鬼の角をつかんで投げ倒した。この場所を牛転(うしまろび)といい、訛って牛窓になったという。
牛窓には、前島・黄島・黒島・青島などの島々が瀬戸内海に浮かんでいるが、この牛鬼が滅びた後にこれらの島々に化けて、頭は黄島、胴体の前は前島、胴体の後ろは青島、お尻の部分は黒島に化けたと地元では伝えられている。
またその昔、牛窓では転ぶ(ころぶ)ことを転ぶ(まろぶ)と言っていたそうだ。上記にもあるように、地名が変化していった。「牛転」→うしまろび、「牛転」→うしころび、「牛転」→うしまろ、「牛窓」→うしまどになったとつたえられているが、今ではどのくらいの人が知っているのだろうか。