タンチョウ韓国へ寄贈

| コメント(0) | トラックバック(0)

岡山県のタンチョウ二番いが韓国へ寄贈されることになった。
P6013582.jpg贈られるタンチョウは岡山県自然保護センターで飼育中のタンチョウ66羽のうちから最も人に慣れた二番いが選ばれた。
かつてタンチョウは韓国の何処でも見られたが最近急速に数を減らして、現在人工的に飼育されているタンチョウは一羽だけと伝えられている。岡山県では、タンチョウを韓国へ寄贈することは3年前に決定していたが、鳥インフルエンザの影響で今日まで延び延びになっていた。
これから約一ヶ月間
自然保護センターで動物検疫を受け、早ければ来月初旬に韓国へ旅立つことになるとメディアが伝えている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shamada.net/mt5/mt-tb.cgi/796

コメントする