2008年3月アーカイブ

我が家から最も近い桜並木が3分咲きになりました。
P3316500.JPGP3316502.JPG
「桜切る何とか・・・」というが、右の画像をご覧いただくとわかるように、また思い切ったものだ。通りすがりの人から口々に「かわいそうに・・・」と嘆く声が聞こえてくる。
一体誰の指図で、何時誰が切ったのか全く気がつかなかったが、それにしても少しは思いやりがあっても良さそうなものだが・・・

岡山でも桜開花

| コメント(0) | トラックバック(0)
0803261438.jpg

岡山地方気象台は26日、岡山市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表したが、平年より5日早く、昨年と同じとのこと。
今日午前、同気象台職員が、開花の目安としている後楽園の標本木に五輪ほどの花が咲いているのを確認した。
同気象台は「向こう1週間は気圧の谷の影響で天気が崩れやすい。満開は4月2―4日になるだろう」としている。

山陽新聞は、4月1日に開幕する「津山さくらまつり」をPRするイルミネーションが24日、主会場の鶴山公園(津山市山下)周辺にお目見え。きらびやかな電飾が道行く人たちの目を楽しませていると伝えている。
中国銀行津山支店前(同)に、桜の花の絵柄と「さくらまつり」の文字が入った縦横6メートルのメーンイルミネーションを設置、周辺にも桜の花をかたどった電飾を施した。

倉敷春宵あかり

| コメント(0) | トラックバック(0)

倉敷春宵あかりイベントが行われています。
08032101.jpg開催期間:3月19日(水)-3月23日(日)
開催時間:18:00-21:00
開催場所:倉敷美観地区一帯
主催:倉敷春宵あかり実行委員会・倉敷市・岡山県・倉敷商工会議所・倉敷商店街振興連盟・(社)倉敷青年会議所・(社)倉敷観光コンベンションビューロー・倉敷伝建地区をまもり育てる会・OHK岡山放送
後援:西日本旅客鉄道(株)岡山支社・山陽新聞社・産経新聞岡山支局・岡山日日新聞社

主なイベント:提灯あかり・ぼんぼりあかり・和傘あかり・ろうそくあかり・新渓園のあかり・川舟あかり・美観地区夜間景観照明・あかりめぐり・ライブ演奏・ろうそくあかりワークショップ

夜来の雨も上がり気温もぐんぐん上がって春本番を思わせます。
P3153246.JPGP3153260.JPG
我が家の桜もついに満開になりました。
早速ムクドリやヒヨドリが到来して花を啄み、ミツバチも花から花へ忙しく飛び回る麗らかな春日の午後です。

我が家の桜

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日ようやく一輪咲いたと思ったら今朝はもう3分咲きに・・・
(画像右:カメラE-330 レンズ:ZUIKO14-45mm ACクローズアップNo3x2)
P3133242.JPGP3133230.JPG
この分なら夕方には5分咲き、明後日には満開か・・・春は猛烈な早さで近づいているようです。

桜が咲いた

| コメント(0) | トラックバック(0)

我が家の桜が今朝一輪花が開きました。
P3123186.JPGP3123184.jpg
桜はサクランボですから、ソメイヨシノより1週間から10日あまり早く咲きますが、昨年は3月初めにはもう満開でしたから、やはり今年は寒さの影響が大きかったようです。
サクランボが色づく頃になると、ヒヨドリを始めいろいろな鳥たちに狙われることになり、当分鳥たちと戦う日が続きます

岡山空港は3月11日で開港20周年を迎えます。
img0331.jpg岡山空港は県が設置、管理する第3種空港。岡山市浦安南町の旧岡山空港(現岡南飛行場)は滑走路が短く、プロペラ機しか離発着できなかった。このため、ジェット機の就航が可能な拠点空港を求める声が上がり、74年から検討が進められた。
81年に国の第4次空港整備5カ年計画に組開港時は東京線、鹿児島線、那覇線の3路線が就航。国内定期便はその後、仙台、小松、宮崎線の開設、運休などを経て、現在4路線。
開港当初から利用客数は5倍に増加。アジアを中心に国際路線の拡充も進めており、地方の航空運送のみならず、国際化進展への対応も図っている。
国際線も地方の航空運送を担う第3種空港ながら、国交省によると全国53の第3種空港のうち、青森、福島、富山、岡山の4空港が国際定期便を持っている。
 岡山空港は91年のソウル線を皮切りに、上海、グアム、北京・大連線が就航。さらに今年4月下旬からは香港への定期路線が開設される見込みだ。
滑走路も当初の2000メートルから、93年に2500メートル、01年からは第3種空港として最長の3000メートルの供用を開始した。さらに、定期便利用客は88年度は32万1953人だったが、01年度には100万人を突破。チャーター便を含めると06年度は160万2789人で、初めて160万人を超えた。
 
岡山経済研究所によると、岡山†東京間の空路利用者数は10年前にはJR利用者数の3分の1程度だったが、岡山空港で同一路線に日本航空、全日空の2社が運航する「ダブルトラック」体制となった02年度以降は、ほぼきっ抗状態が続く。総利用者数が増えていることから、同研究所は「JRと航空会社の競合による運賃低下などにより、需要の掘り起こしに成功したのでは」とみている。
また、同研究所の試算では、海外に出国した県民のうち3割強が岡山空港を利用。海外旅行の出発地としての存在感も高まっているという。阿部淳二・県航空企画推進課長は「減便や撤退にならないよう、路線の安定や維持のために利用促進を図りたい」と話す。

P3083162.JPGP3083169.JPG
セツブンソウは盛りを過ぎたが、それでもあと一週間は保ちそうな気配、気象台の桜の開花予想では3月31日ということになっているが、さて我が家は何日に・・・

黄砂

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本列島は3日午前、西日本を中心に、今年初めての黄砂が観測された。
80303200813.jpg黄砂は4日にかけて東日本、東北地方まで広がり、気象庁は視界が悪くなるとして、交通機関などに注意を呼び掛けている。気象庁によると、3日正午までに黄砂を観測したのは九州と中国地方の全域と、東海、北陸、東北地方の一部地域。黄砂の範囲は今後、東に広がり、西日本や沖縄・奄美で、見通しが利く距離(視程)が5キロ未満になるおそれがある。東日本のピークは同日の日中で4日も黄砂が予想されるが徐々に弱まり、同日夜には解消する見込み。(出典:NIKKEI NET)
黄砂こうさ
東アジアや中央アジア内陸部の砂漠または乾燥地域の砂が、強風を伴う砂嵐などによって上空に巻き上げられ、主に春を中心に東アジアの広範囲に飛来し、地上に降り注ぐ気象現象のことである。降り注ぐ砂のことも「黄砂」と呼ぶ。