2007年6月アーカイブ

黄昏

| コメント(0) | トラックバック(0)

黄昏時のハッチョウトンボを見ようと、午後遅めに例の湿地へ行ってきました。
img706301.jpgトンボの透き通った羽の向うに日没前の柔らかな太陽を見る・・・そんなシーンを想い描いていましたが思い通にことが運ぶはずも無く、やがてあたりが薄暗くなり始めたので止む無く帰路につきましたが、この分では当分湿地通いを続けることになりそうです。

大雨の予報にも拘らず時折パラパラっとくる程度で雨らしい雨の気配は全くありません。
(画像左:赤色が鮮やかなハッチョウトンボの成熟した雄 左:雌)
img706291.jpgimg706292.jpg
蒸し暑いわりには気温が低く日差しも弱いので、今日のハッチョウトンボは逆立ちはしませんでした。此処では雄と雌では住み分けがされているのか、雄は一番下の湿地に多く、雌はもう一段高い所に多く見られます。
逆立ちするのは雄ばっかりかと思っていましたが、よく見ていると雌も同じような行動をするようです・・・暑いのは雄も雌も同じですから当たり前ですねぇ!

このところ休みっぱなしの梅雨空ですが、朝から靄って何となく冴えない閑谷です。
P6263815.jpgP6263806.jpg

閑谷研究第11輯が刊行されたというので、受け取りに閑谷学校資料館を訪ねました。
画像右の楷の木は、昨年とは比較にならないほど樹勢盛んで、この分では秋にはどんな紅葉を見せてくれるか今から楽しみです。
今日気づいたことですが、はん池の鴨のメスが野犬か狐にでも襲われたのか1羽減って雄4羽雌1羽の5羽になっています。

”~‰J?A?¢???I?E?d“u?A?I‘A?A?A?I?i?A?A?°?e?a?a?e?U?μ???c?c?A?!“u?±?≫?n?b?`?‡?E?g?“?{?I?t?§???a?c?c?e?e?c?a?i?c?c?E?¢?A?q?C?S’r??’n?O?o?c? ̄?A?Y?U?μ???B
?@?J???‰?FE-330?@???“?Y?FNIKKOR70-300mm FL300 F4 S1/320 ISO100
P6233788.jpgP6233793.jpgP6233797.jpg
?a?T?A???e?U?C‘??c?A???c?w?O?a?J???‰?}?“?I‰????O?s?A???I?a?c?A’N?a???E?¢??’n?d“A?e?e?s?μ?A?t?§???I?u?O?d‘O?A?±?A?P???O???U?e?E?E?E?a?e?U?μ???A???E?a?e?U?μ???I?I
‰H?d?¢?A?I?¢?E?g?°?A?A?D?A?-?e?O?c?n?I?c?e?E?t?§???・?e?l?d?v?¢?A?≪?e?B‰e?A?≪?A‘a??‘≪?I?e“u?A?μ???B?O?A‰a‘??IDigital Photo Gallery?E?a?f?U?μ?U?μ???B

”~?±?≫?I?e

| コメント(0) | トラックバック(0)

?A”~?a’o?a?-?F?A?¢?A?≪?U?μ???B
DSCN0856.jpg‰?’D? ̄?I‘O????’i?K?A?・?a?A”~?d?…?E?R???O?U?C?Z?μ?A???-”2?≪?d?μ?A?c?c?…?C?d?O?e?I?A?E?U?I???s?E?P-?Q???O“V“u?±?μ?d?μ?A?¢?e?A?±?e?A?・?B
?…?C?a?O?e???c?A’‘?i?R?T“x?j?A?y?-?o?A?A?c?c‰??d?U?O?μ?AaP?E’D? ̄???Y?U?・?a?A‰??I?u”??u?I‰??v?d?d?E”a?A?P?O?“?A?a?a?,‰??C?!?E’D? ̄?e?I?A?h?…?????I’?”J?E?μ?A?¨?-?±?A?a‘a?O?A?・?B
?e?A?Ia??E”~?SKg?A?!”N?a?P?QK?‡?d’D? ̄?U?・?a?A?w?C‘S?”?d?P”N?O?A?H?×?A?μ?U???I?A?A?±???μ?A?c?e?A???\?E?E?d?H?×?e?a?I???A‰u?s?A?´?S?μ?A?¢?U?・?B

梅雨に入ってから始めての雨らしい雨の一日になりましたが、それにしても四国の水不足が多少なりとも解消するか・・・雨々降れ降れモット降れ!
DSCN0853.jpg今年は梅の当たり年なのか、去年の半分くらいの価格でスーパーの店頭に山のように積んであります。
例年買う和歌山産の南高梅があいにく売り切れで、今年は始めて徳島産を買ってみました。
まだ青々としているので(ベトナム製の)干し笊に広げて熟れるのを待っていますが、多少黄色くなってきたようなので明日明後日には漬けられそうです。

567倶楽部のO氏がインターバル撮影したサボテンが開花する様子のアニメーションが同クラブでちょっとした話題になっているようです。
mceu202.jpgmceu201.jpg
画像は、NIKON COOLPIX5700に使用しているリモートケーブルMC-EU1ですが、このリモコンで2分から23時間59分59秒まで任意のインターバルを設定しておけば、記録メディアが一杯になるか強制的に停止させる(シャッターボタンを半押しする)までインターバル撮影を連続して行うことができます。言うまでも無いことですが、電源にはACアダプターを使用して、途中でバッテリー切れにならないようにサポートしておくことが必要です。
ただ、インターバルが2分からというのは撮影対象によっては少し長すぎる感があり、
もう少し短いほうが何かと使い勝手がよくなるように思います。

最後の花菖蒲

| コメント(0) | トラックバック(0)

我が家の花菖蒲もこれが最後になりました。
DSCN0791.jpgDSCN0797.jpgDSCN0796.jpg
何度も同じことを書くようですが、今年は何故か赤紫色のものが殆どで、青や白はほんの数株しか花をつけず、いよいよこれが最後の花になってしまいました。
花が終われば早速株分けをして、来年は少しでも増えるようしなければならないと考えています。

「いずれがアヤメかカキツバタ・・・」にハナショウブが加わるとますます素人には見分けることが難しくなりますが、下記のサイトの解説を参考にするとある程度はわかるような気になりますが・・・
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/izure.html
画像:左から ノハナショウブ アヤメ カキツバタ ハナショウブ キショウブ
CK-nohanashoubu.jpgCK-ayame.jpgCK-kakitubata.jpgCK-hanashoubu.jpgCK-kishoubu.jpg
我が家のハナショウブは、花の終わったものから株分けをしていますが、ついでに今まで植えていた場所を150mmほど地上げをして多少乾燥しやすくなるように改良を加えてみました。

花菖蒲園

| コメント(0) | トラックバック(0)

岡山自動車道総社インターから総社よりの国道180号線沿いにK花菖蒲園があります。
DSCN0772.jpg我が家のハナショウブが色変わりした原因などについて園主のK氏に尋ねたところ
1.色変わりすることは絶対にない
2.弱い株が枯れて丈夫なものが残った
3.株分けの方法が適切でなかった
など一々思い当たることが多く、今後の栽培に大いに参考になりました。
現在同園では1900種余の花菖蒲を育種改良して販売しており、品種の豊富さは日本屈指とのことでした。

愈々レンズクリーニングの最終段階です。
Dscn0767.jpg左:レンズ群
中:マウント部、リアーキャップと鏡胴
右:ヘリコイド、マウント固定部パーツ類やフォーカス
  リンケージなどの小物類
これで一応レンズは取り外せたので、後はクリーニングをして組み立てるばかりですが、かなりカビが発生しているので無水エタノールでカビを取り除いてからレンズクーリーニングペーパーで仕上げれば出来上がり、ということになるはずですが・・・
組み立て後はフォーサーズカメラでMFレンズとしてテスト
するので、AF関連の配線やリンケージは必要が無くすべて取り外してしまいますが、果たしてきちんとピントが合うか・・・興味はつきませんねぇ!!