2006年9月アーカイブ

県立図書館

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN0007.jpg彼岸の中日の今日は朝から快晴・・・お寺参りの帰路県立図書館に立ち寄りました。「ナスカの地上絵」以来図書館に行くことがすっかり楽しくなりました。
コンピュータで書籍を検索し指示された書棚に行って探し出し書籍と利用者カードをカウンターで示して借り出してくる・・・今日は「FedoraCoreビギナーズバイブル」を借りてきました。少しだけかじったUnixを忘れてしまっているので何はともあれ初心にかえるに如かず・・・
(図書館前から烏城を望む)

爽秋閑谷

| コメント(0) | トラックバック(0)


依頼しておいた閑谷学校研究第10号を受け取りに秋空のもと閑谷資料室を訪ねました。
(左:鶴鳴門越に見る楷の木   右:はん池)
P9221614.jpg
P9221600.JPG
折角の機会だから秋色を探してみたがまだ少し早過ぎたか・・・
が、楷は僅かに色づいて紅葉間近を予感させ、ウイークデーにも拘らずかなりの観光客で賑わっていました。

東備初秋

| コメント(0) | トラックバック(0)

彼岸の入りの今日、墓参の帰路久しぶりに八塔寺を訪ねました。P9201571.jpg
P9201568.jpg
抜けるような青空のもとでコスモスは折からの爽やかな風に揺らぎ、傍らの地蔵尊は黄金色の稲穂を背にひとりひっそりと佇んでいました。

mapion.jpg 

FedoraCore5で構築したWEBサーバーのテストランを開始しました。
2652.jpg目下トラブルもなく順調に動いていますが、Windowsのようにアプリケーションが豊富でないため何かと制約があります。
例えば、ライブカメラ(ネットワーク)カメラの画像を取り込み処理するアプリケーションに適当なものがないため、一旦FTPサーバーにライブ画像を保存し内部処理してから表示するなどの手法が必要かもわかりません。
この分だと実用化はまだかなり先になりそうです・・・ハイ!

P9091483.jpgP9091457.jpg
567倶楽部の皆さんと恩原高原に一足早い秋を探してみた。
赤和瀬渓谷から岩井の滝へ・・・普段よりはやや水量は多かったが、折からの曇天で蒸し暑い空気だけがあたりに漂い残念ながら秋の気配を感じることはできなかった。
帰路、奥津湖(苫田ダム)畔の赤壁邸にコーヒブレイクのため立ち寄ったが、画像は追記に・・・


秋の気配

| コメント(0) | トラックバック(0)

tuyukusa_01.jpgふと気がつくと庭の片隅でひっそりと可憐な花をつけていました。
夏草なのにこの花が目立つようになると秋はすぐそばまで来ています。

ツユクサは古名をツキクサ(着草)とも言い染色(色着け)に用いられたことが起源とされています。
しかし、色素は水に簡単に溶け日光にも弱いのですぐに色褪せてしまいます。
万葉集ではその特徴から、人の心と同様に「うつろいやすいきの」として歌われているようです。