2006年2月アーカイブ

神戸空港

| コメント(0) | トラックバック(0)

開港間もない神戸空港を見学した。
ポートライナーで三宮から17分と大変足場の良い空港だが利用者は
兎も角ウイークデーというのに見学者でごった返していた。
Pict0063.jpg
SKY東京線は一日7往復14便運行され神戸東京間片道10,000円
が人気でキャンセル待ちが出るほど・・・それに引き換えJAL・ANA
は便数も少なく運賃も19,800円でカウンターは閑散としていた。

mapion.jpg

春の陽気

| コメント(0) | トラックバック(0)

日中の気温が15℃ほどになり庭の桜も思わずほころびかけたか?
PICT0019.JPG
どのようにして開花日を予想をするかご存知だろうか?
かつて気象庁は、花芽10個の重さを量り特別な定数をかけてわりだし
ていたようで、因みのその方法で予想をすると今年は3月31日という
ことになるが、果たして当たるかな?

岡山県美作市河会地区・田殿地区の山野草群生地には節分草が
見ごろで山野草愛好家やカメラマンが連日訪れています。
Pict0005.jpg
DSCN5040.JPG
 mapion.jpg

 dimage7.jpg最近ではあまり見なくなったが、デジカメが普及しかけてころはほとんどがそうだといってもよいほど電源には単三型充電電池が使用されていた。
この種の機種は電源電圧が実にシビアーに設定されているため、僅かでも電圧が下がるとすぐに撮影不能になってしまい、ユーザーからは電池の消耗が激しく撮影枚数が少ないと不評を買うことになった。
 又、何度か充電を繰り返すうちに、十分放電しきっていないまま充電するから所謂メモリー効果でフル充電できず、したがって撮影枚数がどんどん少なくなるという悪循環を繰り返えすことになってしまう

 ふとしたきっかけで電池の電極やカメラ内部の電極や充電器の電極が手垢などの油膜で汚れ接触不良を起こし電圧低下するのではないかと思うに至り、モノは試し・・・と電極を清掃したところ、予期した以上に効果があり撮影枚数も飛躍的に増えることがわかった。
 因みに、コニカミノルタのDimage7では4~50枚くらいに撮影枚数が少なくなっていたのが、電極清掃後はゆうに200枚を超えるほどになり、オリンパスのCAMEDIAでは20枚程度だったものが300枚以上に改善できることがわかった。

天候には恵まれたものの風の冷たい群生地には残雪の中に春を待ち
焦がれた風情の3cmにも満たない白く可憐な姿で見学者を楽しませ
ています。
Dscn5060.jpg
節分草
キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。早春植物といわれ、初夏には地上部が枯れる。
球状の塊茎があり茎は高さ約10cm。|葉は三全裂し、長い柄があり花は茎の先に一つづ
つ開き径約2cm。萼片(がくへん)は白色で花弁状、花弁は小形で黄色、先が分岐して
Y字状の蜜腺となる。
Dscn5027.jpg
 
mapion.jpg 

快晴の後楽園

| コメント(0) | トラックバック(0)

快晴のもと街へ出かけたついでに後楽園を散策した。
Dscn4990.jpg
岡山市は65歳(だったかな?)になるとシルバーカードを発給し、岡山県や岡山市の施設
入場料が無料になる制度があるが、おそらくシルバーカード入場者だろう高齢者があち
らこちらでカメラを構えて、「焼けた芝生を強調するには・・・」とか写真談義で盛り上がって
いる一団がいたりして、いかにも平和そのものの後楽園でした。
Dscn4987.jpg 

海苔養殖に異変

| コメント(2) | トラックバック(0)

岡山県は海苔養殖が盛んで全国10位、乾海苔で年間約3億枚(生海苔で3,750トン)を生産しています。 007_02.jpg
昨年来の海水温の低下により異常発生したプランクトンの影響で色落ち被害が多発し、養殖業者の40%は全く収穫できないという危機的状況になっているとテレビは伝えています。
海苔の色落ちは、大量発生したプランクトンが栄養分となる窒素やリンなどの栄養塩を吸収しすぎて起こるということです。
岡山県の要請により国交省は緊急対策として苫田ダムの放水量を毎秒6トン増やして吉井川から児島湾に栄養塩を補給する措置を講じる決定をしたがその効果はわからないということです。


2月6日は「海苔の日」・・・

恵方巻縁起

| コメント(0) | トラックバック(0)

恵方巻:節分に食べる太巻きで 商売繁盛、無病息災願い事が叶いその年必ず幸運が訪れる等の意味を持つ。
20060203140530.gif節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかぶり(関西方言で「まるかじり」の意)するのが習わしとされる。食べている間は、無言でなければならない。
七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎでんぶ等七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるらしい。「福を巻き込む」という説明もある。

現在の恵方巻の起源は、江戸時代末期から明治時代初期にかけて大阪・船場の商人による商売繁盛の祈願事として始まったといわれる。当時使われていた旧暦では、立春の前日である節分の日は大晦日にあたり、前年の災いを払うための厄落とし、年越しの行事として行われた。また豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴が、偶々節分の前日に巻き寿司のような物を食べて出陣し、戦いに大勝利を収めたという故事を元にしているという説もある。その他にも恵方巻の発祥地の候補には、和歌山(紀州)、滋賀(近江)等がある。1960年代から行われていたという説もある。

恵方巻の習慣は明治時代に一旦廃れたが、1977年に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った海苔の販売促進行事で復活することとなった。

現在では程度の差こそあれ商業的にはほぼ全国展開されている。こうした恵方巻の全国販売はセブンイレブンが先駆けであり、1989年に広島県の加盟店オーナーの発案により販売を開始したところヒット。中国、関西、九州地方での販売を経て、1998年にコンビニ初の恵方巻全国販売を開始した。

このヒットを受けてローソンが2001年より、ファミリーマートが2003年より全国販売を開始し、03~04年を境にして主要コンビニで全国販売が行われることとなった。

 1990年代以降、毎年1月初頭から節分期間まで、全国展開するコンビニエンスストアがテレビCMを放映したり、スーパーマーケットが販促活動を行うなどPRをおこなっている。 ミツカンが行った調査では、恵方巻の認知度は全国平均88%であり、「実際に食べた」と答えた人の全国平均は62%と、全国に広まってきている。

近年の恵方巻の広まり方は、バレンタインデー・ホワイトデーの菓子贈答と同じく、海苔業界やコンビニ業界など、関係業界の主導のもと販売促進を目的に「全国に定着した行事」であることが人為的に喧伝されているもの、という性格が強い。こうした観点から、前述の起源を全くの作り話と断ずる意見もある。また、本来の意図を持たない海鮮巻きなどの登場で、その意義が全く理解されていないのである。
(写真:山陽新聞電子版 解説出典:ウキペディア)

快晴の節分

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は節分、快晴に恵まれ気温も現在12℃・・・春のような陽気に包まれた岡山国際ホテルをのぞむ
Dscn4951.jpg

mapion.jpg

20060131155834.gif第78回選抜高校野球大会

 選考委員会で岡山県勢は関西、岡山東商の2校が選ばれた。
関西は2年連続、岡山東商は28年ぶり、ともに8度目の出場となる。
岡山の2校選出は2001年(学芸館、関西)以来、5年ぶり4度目。
広島は7年ぶりに選考に漏れ、前回特別枠で2校が出場した香川も選ばれなかった


写真は山陽新聞電子版から)
上:関西高校
下:岡山東高校