智頭急行あわくら温泉駅

| コメント(0) | トラックバック(0)

あわくら温泉駅(あわくらおんせんえき)は、岡山県英田郡西粟倉村影石にある、智頭急行智頭線の駅。
島式1面2線のホームを持つ盛土高架駅。線路西側に待合室及びトイレを備えた駅舎があるが、ホームへは駅舎を介さずに直接入る。ホーム上における出入り口は智頭寄りに設置。無人駅であり、自動券売機等の乗車券購入設備はない。
1番のりばを上下本線、2番のりばを上下副本線とした一線スルーとなっており、通常は上下線とも1番のりばに発着する。2番のりばは列車交換及び通過列車待ち合わせの場合のみ使われる(普通列車同士の交換の場合は、智頭方面行きが1番のりば、上郡方面行きが2番のりばに入る)。
<歴史>
智頭線の当初の工事実施計画上の駅名は「影石」であった。
 ・1994年(平成6年)12月3日 - 智頭線開業と同時に設置。
P6041749.JPGP6041748.JPGP6041744.JPGP6041745.JPGP6041737.JPGP6041739.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shamada.net/mt5/mt-tb.cgi/4004

コメントする

このブログ記事について

このページは、shamadaが2010年6月 4日 19:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「智頭急行西粟倉駅」です。

次のブログ記事は「播但線竹田駅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10