山陰本線名和駅

| コメント(0) | トラックバック(0)

P41711021.JPG名和駅(なわえき)は、鳥取県西伯郡大山町御来屋にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅。
普通列車のみ停車する。以前は米子駅から松崎駅まで各駅に停車する上り最終の快速列車1本が停車していたが、2010年3月改正で運転区間が短縮されて倉吉駅止まりの普通列車となったため、現在は当駅に快速として停車する列車はない。
米子方面に向かって左側に単式1面1線のホームを持つ地上駅。居酒屋が同居した駅舎がホームに接した形で設けられている(極稀に営業している模様)。棒線駅のため、ホームは米子方面行きと鳥取方面行きの共用となっている。無人駅ではあるが、駅舎内に自動券売機を設置。
<歴史>
 ・1909年(明治42年)
   3月11日 - 官設鉄道の御来屋駅 - 淀江駅間に、名和仮乗降場が開業。
  10月12日 - 線路名称制定。山陰本線の所属となる。
 ・1912年(明治45年)1月31日 - 駅に格上げし、名和仮停車場が開業。季節営業の臨時駅で、旅客営業のみを行っていた。
 ・1955年(昭和30年)2月10日 - 通年営業の駅に格上げ、名和駅が開業。
 ・1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
P4171102.JPGP4171101.JPGP4171103.JPGP4171106.JPGP4171109.JPGP4171098.JPG
 画像右端:大山町には現在風力発電機(1500KW)が15基設置されている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shamada.net/mt5/mt-tb.cgi/3934

コメントする

このブログ記事について

このページは、shamadaが2010年4月17日 14:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「姫新線丹治部駅」です。

次のブログ記事は「山陰本線御来屋駅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10