2014年4月アーカイブ

芸備線 INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)

geibisen1.jpg芸備線(げいびせん)は、岡山県新見市の備中神代駅から広島県三次市の三次駅を経て広島県広島市の広島駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。
中国山地西部の山間を走るローカル線の一つ。中国自動車道の開通などで、広島市から広島県北部を経て松江市、米子市などとを結んでいた陰陽連絡路線のメインルートからは外れ、現在は、広島市 - 三次市間の都市間輸送や広島市 - 三次市 - 庄原市および新見市 - 庄原市東城町といった沿線の通勤・通学輸送が主体の路線となっている。この区間を走る列車はすべて伯備線の新見駅発着で、備中神代駅から芸備線に入る。新見からの列車の半分は東城止まりで、備後落合 - 東城間は1日わずか3往復の超過疎路線となっている。2005年3月1日のダイヤ改正までは新見 - 東城間が7往復、東城 - 備後落合間が5往復であった。
この区間は快速列車が、新見発備後落合行として早朝に1本のみ運転されている。快速であるが、矢神駅での行違い待ち時間によって速達効果が相殺されるため、新見 - 備後落合間の所要時間は普通列車とあまり変わらない。
快速は、キハ120形の方向幕に「快速 備後落合」という表示がないため、方向幕には「備後落合」とのみ掲出、前面窓に「快速」(白地に赤文字)と記載された行先票を挿入したうえで運転される(これは姫新線佐用以西、因美線智頭以南でも同様)。2004年夏には臨時快速としてキハ120形を使用した「奥出雲」号が新見 - 木次線出雲坂根間で運転された。
<掲載駅>野馳 - 矢神 - 市岡 - 坂根 - 備中神代
P42911681.JPGP4291188.jpgP42912001.JPGP42912111.JPGP42912441.JPG

芸備線野馳駅

| コメント(0) | トラックバック(0)

P42911681_2野馳駅(のちえき)は、岡山県新見市哲西町畑木字キシ添にある簡易委託駅であり、駅舎内の窓口にて乗車券を発売している。
備後落合方面に向かって右側に単式1面1線のホームを持つ地上駅。かつては相対式2面2線の交換可能駅であった。

一日平均の乗車人員は38人である。(2007年度)


<歴史>
・1930年(昭和 5年)11月25日 - 三神線の延伸区間として矢神 - 東城間が開業した際に開設。
・1937年(昭和12年) 7月 1日 - 三神線が芸備線の一部となり、当駅もその所属となる。
・1987年(昭和62年) 4月 1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
P4291184 OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          P4291176 OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          P4291174 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

bingoochiai01.jpg備後落合駅(びんごおちあいえき)は、広島県庄原市西城町八鳥にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。
芸備線と木次線が接続する山間の小駅である。かつては急行「ちどり」などの優等列車の機関車付け替え・分割併合・スイッチバックなど、運転上重要なターミナル駅であったことから多くの職員がいたが、現在は優等列車廃止とCTC化に伴い無人駅となっている。駅構内にはかつて車庫、転車台、給水塔、貯炭場があった。2008年(平成20年)3月15日現在は車庫は撤去済み、その他の施設は貯炭場と転車台、小さな池跡が残っている。
無人駅化に伴い、周辺にあった鉄道官舎も無人化し、廃屋が残る静かな佇まいとなっている。 JR西日本の岡山支社・米子支社・広島支社の境界(駅自体は岡山支社の管轄下に置かれている)であるため、トロッコ列車の「奥出雲おろち号」を含め全ての列車が当駅で折り返す(ただし、三次方面からの列車は夜間滞泊を行うため、駅舎の一部が乗務員宿泊施設となっている)。列車同士の接続時に、わずかな人影がみられるような状態である。
<歴史>
・1935年(昭和10年)12月20日 - 国有鉄道庄原線(当時)が備後西城駅から延伸し、その終着駅として開業。
・1936年(昭和11年)10月10日 - 三神線が小奴可駅から当駅まで延伸。同時に庄原線が三神線に編入され、
備中神代駅 - 備後十日市駅(現・三次駅)間が三神線となり、同線の途中駅となる。
・1937年(昭和12年)
7月1日 - 芸備鉄道国有化に伴い、備中神代駅 - 広島駅間を芸備線としたため同線所属となる。
12月12日 - 木次線全通(八川駅 - 備後落合駅間開業)に伴い、同線と芸備線の接続駅になる。
・1983年(昭和58年)10月31日 - 出札廃止(駅前旅館受託による簡易委託駅化)。
・1986年(昭和61年)11月1日 - 出札再開(簡易委託廃止)。
・1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
・1997年(平成9年) - 無人駅になる。
・2006年(平成18年)
7月18日 - 大雨により当駅 - 比婆山駅間で大規模斜面崩落が発生し、芸備線は当駅 - 備後西城駅間で不通となる。
7月20日 - 芸備線不通に伴い、代行バス運転開始。
・2007年(平成19年)4月1日 - 芸備線復旧工事が完了し、全線で運転再開。
bingoochiai01.jpgbingoochiai02.jpgbingoochiai03.jpgbingoochiai04.jpgbingoochiai05.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13