伯備線美袋駅

| コメント(0) | トラックバック(0)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         美袋駅(みなぎえき)は、岡山県総社市美袋にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)伯備線の駅。難読駅名として知られている。単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ、中線待避型配線の地上駅。駅舎は単式の1番のりば側にあり、島式の2・3番のりば側へは跨線橋で連絡している。風格ある古い木造瓦葺きの駅舎が特徴である。
ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。ICOCAチャージ機能付きの自動券売機および、簡易型の自動改札機設置済。便所は新しく作り直され、男女別になっている。
簡易委託駅であったが、2007年(平成19年)に完全な無人駅となった。

駅舎は2007年(平成19年)12月7日に登録有形文化財に指定されている。駅舎は、伯備線倉敷 - 美袋間が開通した1925年(大正14年)に建てられた。木造平屋(79平方メートル)でセメント瓦葺きの切妻屋根、外壁に木板を重ねた構造が特徴。窓や入り口の建具をアルミサッシに変更した以外は、ほぼ建築当初の姿を保っている。1985年(昭和60年)から総社市が管理。
<歴史>
・1925年(大正14年)5月17日 - 伯備南線の宍粟駅(現・豪渓駅) - 美袋駅間延伸時に、終着駅として開業。
・1926年(大正15年)6月20日 - 伯備南線が木野山駅まで延伸。途中駅となる。
・1・928年(昭和3年)10月25日 - 伯備南線が伯備線に改称され、当駅もその所属となる。
・1・987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
・2007年(平成19年)
4月1日 - 簡易委託を廃止。
7月2日 - ICOCA対応の簡易型自動改札機設置。
12月7日 - 駅舎が登録有形文化財に指定される。
P9282360 OLYMPUS DIGITAL CAMERA          P9282351 P9282352 P9282367 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shamada.net/mt5/mt-tb.cgi/4595

コメントする

このブログ記事について

このページは、shamadaが2009年2月22日 20:51に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「伯備線方谷駅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13