土讃線 INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015-03-22_191055土讃線(どさんせん)は、香川県仲多度郡多度津町の多度津駅から高知県高知市の高知駅を経て、同県高岡郡四万十町の窪川駅に至る四国旅客鉄道(JR四国)の鉄道路線(幹線)である。
日本国有鉄道(国鉄)時代は土讃本線(どさんほんせん)と呼ばれていたが、民営化後の1988年にJR四国は線路名称を改正し、土讃線に改称された。
讃岐山脈および吉野川上流に沿って四国山地を越えて多度津と高知を結び、さらに土佐湾沿いの内陸部を通り窪川を結んでいる。

 
広域輸送網としては、1988年の瀬戸大橋線開通前まで本州と四国を結ぶ宇高連絡船の接続駅であった予讃線高松駅を始発・終着とする特急列車が直通しているが、瀬戸大橋線開通後は山陽新幹線に接続する岡山駅を始発・終着とする特急列車を主体とするダイヤ編成となっている。地域輸送としては、高松方面(一部岡山方面)と琴平駅間の快速列車・普通列車、高知駅を中心とする高知県内で完結する普通列車、高知県内では第三セクター鉄道の土佐くろしお鉄道各線との直通列車、および経由地となる徳島県三好市付近の近距離ローカル列車(徳島線直通列車を含む)等が運行されている。
多度津 - 琴平間は国鉄末期に電化されており、高松方面からの電車列車が乗り入れている。しかしそれ以外の区間は電化されていないため、特急列車や徳島県・高知県内の普通列車には気動車が用いられている。
<掲載駅>
善通寺 - 琴平 - 坪尻
P9172347 P9172273 P9172317

伯備線 INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)

hakubi011伯備線(はくびせん)は、岡山県倉敷市の倉敷駅から新見駅を経て、鳥取県米子市の伯耆大山駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)。
陰陽連絡路線の一つであり、中国山地を越えて岡山と米子を結んでいる。倉敷 - 新見間は高梁川、生山 - 伯耆大山間は日野川に沿って走る。
山陽地方と山陰地方を連絡する幹線として、岡山駅 - 出雲市駅間の特急「やくも」が約1時間間隔で運行されている。また、東京駅 - 出雲市駅間の寝台特急「サンライズ出雲」も伯備線を経由する。

画像:伯備線を走行する「サンライズ出雲」
普通列車は新見駅で運転系統が分かれているが、全線を通して走る列車もある。倉敷側は全ての列車が岡山駅、伯耆大山側は全ての列車が米子駅まで乗り入れ、さらに岡山からは山陽本線や赤穂線を介し姫路駅まで(かつては西明石駅まで乗り入れるものもあった)、米子からは山陰本線西出雲駅まで直通する列車もある。そのため伯備線のみを走行する列車はない。
岡山駅 - 備中高梁駅間、生山駅・根雨駅 - 米子駅間に区間運転列車があり、後者のうち夜の列車は気動車で運転される。普通列車は全区間でワンマン運転が行われている。
岡山県内は毎時1 - 2本程度、鳥取県内は1 - 2時間に1本程度だが、県境区間(備中神代 - 生山)は4時間近く設定されない時間帯がある。
普通列車の夜間滞泊は備中高梁駅と新見駅で行われている。
新見駅 - 備中神代駅間には芸備線の列車が乗り入れており、途中の布原駅には芸備線直通列車のみが停車する。
清音駅 - 総社駅間は井原鉄道の第二種鉄道事業区間で伯備線と施設を共用しており、井原鉄道井原線の列車も運行される。
貨物列車も運転され、コンテナ車で編成された高速貨物列車が1日4往復設定されている。牽引機はEF64形電気機関車である。かつては、新見市内の駅からセメントや製鋼用生石灰などが発送されていたが、1986年までにすべて廃止された。
<掲載駅>美袋 - 方谷
OLYMPUS DIGITAL CAMERA          PA032405

津山線 INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)

page20150322津山線(つやません)は、岡山県岡山市北区の岡山駅から岡山県津山市の津山駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。
正式な起点は岡山駅だが、列車運行上は津山駅から岡山駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。これは、岡山駅で接続する山陽新幹線・山陽本線(赤穂線・伯備線を含む)・宇野線(瀬戸大橋線)・吉備線、津山駅で接続する姫新線(因美線を含む)に方向をあわせたためである。快速と普通列車が運転されている。


岡山 - 津山の全線通しでの運転が基本で、快速・普通あわせて1時間に1本以上の運転本数が確保されている。加えて福渡や野々口発着の区間運転列車も少数存在するほか、通学輸送のための岡山 - 法界院間の区間列車も運転されており、一部は吉備線の総社駅まで乗り入れている。かつては津山から先、因美線・姫新線に直通し岡山 - 鳥取を結ぶ列車や岡山 - 中国勝山を結ぶ列車もあったが、現在はすべて津山で運転系統が分かれている。



<掲載駅>
玉柏 - 建部 - 福渡 - 神目 - 弓削 - 誕生寺
PB280538 P9072197 PB280537 OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          PB280480

木次線 INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)

kisuki.jpg木次線(きすきせん)は、島根県松江市の宍道駅から広島県庄原市の備後落合駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。
宍道からすぐに峠を越えると、遡上する斐伊川沿いに屈曲しながら南下して川沿いの集落を結び、中国山地の高所を出雲坂根駅からのスイッチバックで越え、芸備線備後落合に達する。JR西日本で最も高い標高727mの地点を走る路線で、最高所の駅は三井野原駅である。
かつては広島・松江へ直通する急行「ちどり」などが運転され、陰陽連絡路線の一つとして機能していたが、道路整備の進展と自家用車・高速バスの隆盛に押され、1990年代以降その役割は失われた。

画像:トロッコ列車「奥出雲おろち号
1980年代初頭の「第1次特定地方交通線」(輸送密度500人/日以上2000人/日未満)に指定され、廃止対象となる予定であったが、当時「沿線道路が未整備である」としてリストから除外された。
JR西日本の他のローカル線と同様に、保守点検の合理化を目的とした25km/hの速度制限箇所がある。また宍道 - 木次間と木次 - 備後落合間に分けて月に1度、保線目的のため日中の列車がすべて運休する日がある。
<掲載駅>備後落合 - 三井野原 - 出雲坂根 - 出雲横田 - 亀嵩
bingoochiai01.jpgmiinobara01.jpgizumosakane01.jpgizumoyokota01.jpgkamedake01.jpg

芸備線 INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)

geibisen1.jpg芸備線(げいびせん)は、岡山県新見市の備中神代駅から広島県三次市の三次駅を経て広島県広島市の広島駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。
中国山地西部の山間を走るローカル線の一つ。中国自動車道の開通などで、広島市から広島県北部を経て松江市、米子市などとを結んでいた陰陽連絡路線のメインルートからは外れ、現在は、広島市 - 三次市間の都市間輸送や広島市 - 三次市 - 庄原市および新見市 - 庄原市東城町といった沿線の通勤・通学輸送が主体の路線となっている。この区間を走る列車はすべて伯備線の新見駅発着で、備中神代駅から芸備線に入る。新見からの列車の半分は東城止まりで、備後落合 - 東城間は1日わずか3往復の超過疎路線となっている。2005年3月1日のダイヤ改正までは新見 - 東城間が7往復、東城 - 備後落合間が5往復であった。
この区間は快速列車が、新見発備後落合行として早朝に1本のみ運転されている。快速であるが、矢神駅での行違い待ち時間によって速達効果が相殺されるため、新見 - 備後落合間の所要時間は普通列車とあまり変わらない。
快速は、キハ120形の方向幕に「快速 備後落合」という表示がないため、方向幕には「備後落合」とのみ掲出、前面窓に「快速」(白地に赤文字)と記載された行先票を挿入したうえで運転される(これは姫新線佐用以西、因美線智頭以南でも同様)。2004年夏には臨時快速としてキハ120形を使用した「奥出雲」号が新見 - 木次線出雲坂根間で運転された。
<掲載駅>野馳 - 矢神 - 市岡 - 坂根 - 備中神代
P42911681.JPGP4291188.jpgP42912001.JPGP42912111.JPGP42912441.JPG

芸備線野馳駅

| コメント(0) | トラックバック(0)

P42911681_2野馳駅(のちえき)は、岡山県新見市哲西町畑木字キシ添にある簡易委託駅であり、駅舎内の窓口にて乗車券を発売している。
備後落合方面に向かって右側に単式1面1線のホームを持つ地上駅。かつては相対式2面2線の交換可能駅であった。

一日平均の乗車人員は38人である。(2007年度)


<歴史>
・1930年(昭和 5年)11月25日 - 三神線の延伸区間として矢神 - 東城間が開業した際に開設。
・1937年(昭和12年) 7月 1日 - 三神線が芸備線の一部となり、当駅もその所属となる。
・1987年(昭和62年) 4月 1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
P4291184 OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          P4291176 OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA          P4291174 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

bingoochiai01.jpg備後落合駅(びんごおちあいえき)は、広島県庄原市西城町八鳥にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。
芸備線と木次線が接続する山間の小駅である。かつては急行「ちどり」などの優等列車の機関車付け替え・分割併合・スイッチバックなど、運転上重要なターミナル駅であったことから多くの職員がいたが、現在は優等列車廃止とCTC化に伴い無人駅となっている。駅構内にはかつて車庫、転車台、給水塔、貯炭場があった。2008年(平成20年)3月15日現在は車庫は撤去済み、その他の施設は貯炭場と転車台、小さな池跡が残っている。
無人駅化に伴い、周辺にあった鉄道官舎も無人化し、廃屋が残る静かな佇まいとなっている。 JR西日本の岡山支社・米子支社・広島支社の境界(駅自体は岡山支社の管轄下に置かれている)であるため、トロッコ列車の「奥出雲おろち号」を含め全ての列車が当駅で折り返す(ただし、三次方面からの列車は夜間滞泊を行うため、駅舎の一部が乗務員宿泊施設となっている)。列車同士の接続時に、わずかな人影がみられるような状態である。
<歴史>
・1935年(昭和10年)12月20日 - 国有鉄道庄原線(当時)が備後西城駅から延伸し、その終着駅として開業。
・1936年(昭和11年)10月10日 - 三神線が小奴可駅から当駅まで延伸。同時に庄原線が三神線に編入され、
備中神代駅 - 備後十日市駅(現・三次駅)間が三神線となり、同線の途中駅となる。
・1937年(昭和12年)
7月1日 - 芸備鉄道国有化に伴い、備中神代駅 - 広島駅間を芸備線としたため同線所属となる。
12月12日 - 木次線全通(八川駅 - 備後落合駅間開業)に伴い、同線と芸備線の接続駅になる。
・1983年(昭和58年)10月31日 - 出札廃止(駅前旅館受託による簡易委託駅化)。
・1986年(昭和61年)11月1日 - 出札再開(簡易委託廃止)。
・1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
・1997年(平成9年) - 無人駅になる。
・2006年(平成18年)
7月18日 - 大雨により当駅 - 比婆山駅間で大規模斜面崩落が発生し、芸備線は当駅 - 備後西城駅間で不通となる。
7月20日 - 芸備線不通に伴い、代行バス運転開始。
・2007年(平成19年)4月1日 - 芸備線復旧工事が完了し、全線で運転再開。
bingoochiai01.jpgbingoochiai02.jpgbingoochiai03.jpgbingoochiai04.jpgbingoochiai05.jpg

土讃線坪尻駅

| コメント(0) | トラックバック(0)

P9172317.JPG坪尻駅(つぼじりえき)は、徳島県三好市池田町西山にある四国旅客鉄道(JR四国)土讃線の駅。駅番号はD19。
徳島県と香川県の県境にある猪ノ鼻峠付近、標高272mの地点に位置し、周辺には山林や川しかない。通過する普通列車もあり、秘境駅のひとつとして知られている。単式ホーム1面1線のスイッチバック式地上駅。四国のスイッチバック駅は土讃線の当駅と新改駅の2駅のみである。本線通過制限速度は100km/h。
下り普通列車は引き上げ線に待避してから駅に進入する。上り普通列車は駅を出発して引き上げ線に待避したのち讃岐財田駅に向かう。
ワンマン運転時は、運転士は進行方向を変えるごとに前方となる運転台へ移動する。
このため、当駅での普通列車同士の行き違いは上下いずれかが必ず通過となる。通過列車は、横の本線を高速で去っていく。
かつては、スイッチバック駅の魅力でもあったシーサス・クロッシングポイントが設置されていたが、JR化後の高速化改良工事により撤去され現在の形となった。
駅舎の待合室には、発車時刻表、10分以上停車する列車の時刻表に加え、定期列車の通過時刻表も掲示されている。通過時刻表は踏切に掲示されている。また、駅ノート[1]や、2008年5月15日に地元の町づくり団体から寄贈された駅スタンプも待合室内に置かれていたが、2010年2月10日にこれもまた盗難にあったか紛失していることが判明。その後この駅スタンプは2010年4月22日に津軽線中沢駅で発見された。
なおこの待合室は各方向の戸が引き戸式で閉めることができるので、虫の侵入を防ぐことができる。
鮎苦谷川沿いの谷に駅が位置するため、車では近づくことができず、到達手段は徒歩のみである。駅舎を出ると東側・西側それぞれ山道が1本ずつあり、駅舎の南側にある踏切を東側へ渡って10~20分程度歩くと国道32号に、西側へ行くと市道に出る。ただし山道にはゴミが散乱していたり、倒木がある場合がある。また降雨時や雨上がりは地面がぬかるんでおり、ごく一部を除いて柵がないため、崖下に落ちる危険性もある。季節によってはマムシやハチが出ることもある。
なお、駅が立地しているのは元は鮎苦谷川(州津川)の川底だった場所である。建設に際して敷地を確保するため、水を流すトンネルを掘削して川の流路を変えた上で川底を埋め立て、駅(当時は信号場)が設置された[3]。線路を通すためにトンネルで川を迂回させた場所は当駅の前後にも1カ所ずつあり、そのうちの1つは坪尻駅より多度津側のトンネルを出た車窓の西側に見える。
<歴史>
・1929年(昭和4年)4月28日 - 信号場として開設。
・1950年(昭和25年)1月10日 - 駅に昇格。
・1970年(昭和45年)10月1日 - 無人駅化。
・1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR四国の駅となる。
・2010年(平成22年)1月11日 - 坪尻駅還暦祝賀会を開催、臨時列車「坪尻秘境号」運転。
P917230315.jpgP9172317.JPGP917230303.jpgP9172313.JPGP917230304.jpgP917230316.jpgP917230306.jpg
P917230313.jpgP917230325.jpgP917230321.jpgP917230331.jpgP917230307.jpgP917230318.jpgP917230322.jpg
P917230309.jpgP917230305.jpgP917230323.jpgP917230332.jpg
<参考>
image1.jpgにっぽん木造駅舎の旅
土讃線・坪尻駅

播但線 INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)

100717.jpg播但線(ばんたんせん)は、兵庫県姫路市の姫路駅から兵庫県朝来市の和田山駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。
兵庫県の中央部を流れる市川・円山川に沿って山陽本線と山陰本線を結ぶ陰陽連絡路線である。寺前駅以南が電化されて以降、この路線の直通列車は特急「はまかぜ」のみとなり、それ以外では地域輸送が主体となっている。
播但線沿いに国道312号および播但連絡道路が並行する。播但線の前身である播但鉄道が開業するまで、生野銀山と姫路市の飾磨港とを連絡していた生野鉱山寮馬車道という道路も存在していた。
関西では代表的な非電化路線であったため、1972年(昭和47年)の蒸気機関車廃止時と1992年(平成4年)の客車列車全廃時には、それぞれ多くの鉄道ファンが沿線に詰めかけた。
大阪駅 - 香住駅・浜坂駅・鳥取駅間に特急「はまかぜ」が播但線を経由して運転されている。
普通列車については電化区間の姫路駅 - 寺前駅間と、非電化区間の寺前駅 - 和田山駅間で運転系統が分かれており、全線を通して運転される列車はない。また、朝晩を中心に姫路駅 - 福崎駅間の区間運転もある。
姫路駅 - 寺前駅間は15 - 40分に1本であるが、寺前駅 - 和田山駅間は1時間 - 1時間半に1本程度である。以前は夜間に2時間近く列車がない時間帯があったが、2009年3月14日のダイヤ改正で1本増発したことにより改善している。
歴史
・1894年(明治27年)7月26日:播但鉄道により姫路駅 - 寺前駅間(18M33C≒29.63km)が開業。野里駅・香呂駅・福崎駅・甘地駅・鶴居駅・寺前駅開業
・1895年(明治28年)1月15日:寺前駅 - 長谷駅間(4M0C≒6.44km)が延伸開業。長谷駅開業
4月17日:飾磨駅 - 姫路駅間(3M31C≒5.45km)、長谷駅 - 生野駅間(5M5C≒8.15km)が開業。飾磨駅(のちの飾磨港駅)・生野駅開業
・1896年(明治29年)8月19日:仁豊野駅開業
8月31日:全線改マイル、7C(≒0.14km)短縮
・1897年(明治30年)11月21日:天神駅(のちの飾磨駅)開業
12月1日:亀山駅開業
・1898年(明治31年)2月18日:京口駅開業
3月28日:溝口駅開業
4月21日:亀山駅 - 姫路駅間に豆腐町駅が開業。豆腐町駅 - 姫路駅間の旅客営業が廃止され、旅客列車は飾磨駅 - 豆腐町駅間の区間運転とし豆腐町駅 - 姫路駅間は徒歩連絡になる
・1901年(明治34年)8月29日:生野駅 - 新井駅間(5M15C≒8.35km)が延伸開業。長谷駅 - 生野駅間改マイル、20C(≒0.40km)短縮。新井駅開業
・1902年(明治35年)11月12日:営業距離の表記をマイル・チェーンからマイルのみに簡略化(35M57C→35.7M)
・1903年(明治36年)6月1日:山陽鉄道が全路線を譲り受ける
・1906年(明治39年)2月8日:姫路駅 - 新井駅間改マイル、0.1M(≒0.16km)延長
4月1日:新井駅 - 和田山駅間(8.6M≒13.84km)が延伸開業し、現在の播但線が全通。竹田駅・和田山駅開業
掲載駅
竹田駅-新井駅-生野駅-寺前駅-鶴居駅-甘地駅-福崎駅
P7170110.JPGP7170122.JPGP7170125.JPGP7172044.JPGP7172056.JPGP7170134.JPGP7172074.JPG
溝口駅-香呂駅
P7172083.JPGP7172095.JPG

智頭急行 INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)

chizukyu011.jpg智頭急行株式会社(ちずきゅうこう、Chizu Express Company、略号CKK)とは、兵庫県・岡山県・鳥取県の3県において旧日本鉄道建設公団建設線の智頭線を運営している鉄道会社である。鳥取県など沿線自治体の出資による第三セクター方式で設立された鉄道の一つである。
本社所在地は鳥取県八頭郡智頭町大字智頭2052番地1(智頭駅前、JA鳥取いなば智頭支店ビル)、運輸部は鳥取県八頭郡智頭町大字智頭1862番地2(智頭駅構内)。なお、社名・駅名のかな表記は「ちず」で町名・地名のかな表記「ちづ」とは異なる。

画像:河原付近を走行中の特急「スーパーはくと

1994年暮れの開業後間もない1995年1月に阪神・淡路大震災が発生、これによって智頭線を走る特急列車「スーパーはくと」が全面運休に追い込まれ、初年度決算では売上高が当初予想の10分の1にとどまって倒産の危機にも見舞われたが、どうにか持ちこたえて危機を脱し、1998年度以降は連続して黒字を計上している。
数多くの第三セクター鉄道が赤字を抱える中、北越急行に次ぐ経常収益があり、北越急行と共に「第三セクター鉄道の二大優等生」と並び称されることがある[1]。これは京阪神と鳥取県を結ぶ特急列車「スーパーはくと」の輸送に負うところが大きい。岡山と鳥取県を結ぶ特急「スーパーいなば」も走るが、普通列車の営業成績は芳しくない。このように好調な数字の陰にも隠れた苦しさを抱えている経営状況であるが、北越急行は2014年度に北陸新幹線が金沢駅まで開業した後は、現状よりも経営が大幅に悪化することが確実視される状況であるのに対し、鳥取自動車道の開通で高速バスの速達化が予想されるが、時間面での優位を覆すには至らない智頭急行には経営に急激な影響を与えると予測される要素は、現時点でほとんど無い。
<掲載駅>上郡 - 苔縄 - 河野原円心 - 久崎 - 佐用 - 平福
P5081460.JPGP50814361.JPGP50814121.JPGP50813991.JPGP5081316.JPGP5081350.JPG
宮本武蔵 - 大原 - 西粟倉 - あわくら温泉

P6041657.JPGP6041678.JPGP6041718.JPGP6041740.JPG