部分日食2019

  • 投稿日:
  • by

2019-01-06_1203042019年1月6日(日)、朝8時半ごろから昼12時ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます。日本から日食が見られるのは2016年3月9日以来、約3年ぶりです。
日食の時刻(始まり、最大、終わり)は地域によって異なりますが、おおむね「8時40分ごろに始まり、10時ごろに欠け具合が最大になり、11時30分ごろに終わり」ます。
欠け具合は「食分」という値で表します。太陽の直径のうち、どれだけ月に隠されているかを示す数値です(面積ではありません)。日本では、北東の地域ほど食分が大きくなり、太陽が大きく欠けます。
時刻だけでなく方位や高さも重要なポイントです。これも地域によって異なりますが、だいたい「南東の方角」「高度15度から30度」あたりです。冬至から2週間しか経っていないので、太陽の高度はかなり低めです。
この部分日食は皆既日食や金環日食に伴うものではありません。NASAより提供される日食図を見ると、日本全体がすっぽりと日食が見られる地域に入っていることがわかります。このため日本全国で日食を楽しむことができます。最大食は日本よりもずっと北の方、北極圏に近い所ですから、日本では北へ行くほど欠け方が大きくなります。
2019年は1月6日に続いて12月26日にも日食が見られます。1年という短い期間に日食が2度も見られる珍しい年です。しかし、太陽が大きく欠ける地域はありません。最大食までは日本全国で見ることができますが、一部の地域では、太陽が欠けた状態のまま沈んでいく日入帯食(または日没帯食)となります。