納豆の究極の食べ方

| コメント(0) | トラックバック(0)

北山魯山人の、納豆はかく混ぜるほどうまくなるという教え?をもとに、納豆が最もおいしくなるかき混ぜ数を検証したところろ424回という回数が最良という結果になり、しかも醤油を入れるタイミングは305回がベストなタイミングということもわかってきた。
そこで、タカラトミーズが「納豆のコク製造マシン」をリニューアルして、世界の納豆ブームに合わせて「究極のNTO」として11月より発売することを決めたということだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shamada.net/mt5/mt-tb.cgi/4919

コメントする

このブログ記事について

このページは、shamadaが2018年8月31日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蝉の羽に抗菌作用 出典:NHKニュース」です。

次のブログ記事は「ドクターイエロー 出典:東洋経済」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13