蝉の羽に抗菌作用 出典:NHKニュース

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018-08-28_112455クマゼミなど蝉の透明な羽の表面に、抗菌作用のある特殊な構造があることを関西大学などのグループが突き止めた。
クマゼミやミンミンゼミなどの蝉の透明な羽には抗菌作用があることは知られていたが、これまで詳しい仕組みはわかっていなかった。
グループは、クマゼミの羽を詳しく観察したところ、羽の表面に直径5000分の1ミリ以下のきわめて細かい突起が規則正しく並んでいることに注目した。
そこで、蝉の羽をまねて表面に同じようなごく小さい突起が並んだシートをつくり、表面に大腸菌が含まれた液体を加えたところ、金は10分から20分ほどで細胞膜が壊れて死滅してしまったということだ。
突起の構造がカギで、グループでは家庭の台所から医療関係まで、様々な分野に応用が期待できるとしてる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shamada.net/mt5/mt-tb.cgi/4918

コメントする

このブログ記事について

このページは、shamadaが2018年8月28日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイ洞窟、全員救出 出典:読売新聞、毎日新聞」です。

次のブログ記事は「納豆の究極の食べ方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13