2016年4月アーカイブ

お薬手帳は、みなさまが使用しているお薬の名前や使い方などに関する情報を、過去のアレルギーや副作用の経験の有無と併せて、経時的に記録するためのものです。P4230002
これまでは、紙のお薬手帳が主流でしたが、そこに電子版のお薬手帳が加わりました。
電子お薬手帳は、みなさまのお手持ちのスマートフォンなどに、お薬の情報を保管し、紙のお薬手帳と同様に活用するために作られたものです。電子版ですので、情報をクラウドに保管し、万一の災害など、さまざまなシーンでの利用も期待されています。 スマートフォンと連携していますので、飲み忘れ防止アラーム機能を装備するなど、紙のお薬手帳には無い機能も提供されています。

お薬手帳の役割
お薬手帳とは、あなたが使用されるお薬の名前や使い方などに関する情報を、過去のアレルギーや副作用の経験の有無と併せて、経時的に記録するためのものです。
現在ご使用中のお薬はもちろん、過去に使用されたお薬の情報が手帳に記録されているので、いつでもご自身のお薬に関する情報を容易に確認することができます。 また、診察や調剤を受ける際に、医師や薬剤師にお薬手帳を提示していただくことで、お薬の重複や飲み合わせのチェック、アレルギー歴や副作用歴の確認などが可能となるので、より安心してお薬を使用していただくことができます。

電子お薬手帳が加わりました
これまでは、紙のお薬手帳が主流でしたが、そこに電子版のお薬手帳が加わりました。
電子お薬手帳は、みなさまのお手持ちのスマートフォンなどに、お薬の情報を保管し、紙のお薬手帳と同様に活用するために作られたものです。電子版ですので、情報をクラウドに保管し、万一の災害など、さまざまなシーンでの利用も期待されています。 スマートフォンと連携していますので、飲み忘れ防止アラーム機能を装備するなど、紙のお薬手帳には無い機能も提供されています。

東日本大震災。多くの避難者の方々が、服用中だったお薬を必要としましたが、お薬の特定は困難をきわめました。
しかし、お薬手帳を持っていた患者さんには、すぐに処方することができました。
避難時に多くの方が持ち出した携帯電話やスマートフォンに、お薬の情報を入れておければ、万一の場合も安心なのではないか。
そんなことから、お薬手帳の電子化は誕生したのです。
※スマートフォンの普及が急速に進んだことから、スマートフォン版のみの提供となっています。

日薬eお薬手帳は、紙のお薬手帳と同じように使います。
紙も電子も、同じ目的のお薬手帳です。もちろん、どちらを選ぶかは、みなさんの選択です。






電子お薬手帳は、災害・緊急時などお薬手帳を持っていない時でも、お薬の情報をスマートフォンに保存しておくことで、服薬中のお薬の情報を正確に知ることができるので、万一の時も安心です。

ご使用のスマートフォンに無料の対応アプリをダウンロードすれば、QRコードを読み取ったり、ICリーダーライターにかざしたりするだけでお薬の情報を簡単に取り込むことができます。

ウェブサイトでの映像やアニメ表示などで使われている「Adobe Flash」で、深刻な脆弱性が発見されている。脆弱性とは、攻撃されるとウイルス感染などの被害が出る可能性がある弱点のこと。4月5日にAdobeが24件の脆弱性を発表し、4月7日(日本時間8日)に脆弱性を解消する最新版(緊急パッチ)が提供された。

この脆弱性は、Windows・Mac・Linux・ChromeOSに影響がある。現在使われているほとんどのパソコンが対象だと言えるだろう。Adobeによれば、この脆弱性を攻撃された場合、クラッシュ(強制終了)を引き起こしたり、攻撃者がパソコンを乗っ取ったりする恐れもあるとのことだ。

・更新が必要なバージョン
Adobe Flash Player 21.0.0.197およびこれよりも前のバージョン(Windows版、Mac版、Linux版、ChromeOS版)

実際の攻撃にもすでに使われている。Adobeが被害を確認しているほか、セキュリティー大手・トレンドマイクロもこの脆弱性を使った攻撃を確認した(「Flashのゼロデイ脆弱性「CVE-2016-1019」、既にランサムウェア拡散での利用を確認」トレンドマイクロセキュリティブログ)。

トレンドマイクロによれば、3月31日の時点で24件の脆弱性のうちの1つ「CVE-2016-1019」を突く攻撃を発見したとのこと。
この攻撃は、暗号化型ランサムウェア「Locky(ロッキー)」に感染させようとするものだった。ランサムウェアとはファイルを勝手に暗号化するなどして「元に戻すには金を払え」と脅迫する身代金要求ウイルスのことだ。

ランサムウェア「Locky」の日本語による脅迫文。今回のFlash脆弱性を突いて、Lockyに感染させる攻撃がみつかっている(トレンドマイクロ)

このLockyに感染するとファイルを暗号化して読めなくし、ファイルの拡張子を「.locky」に変えてしまう。その上で、金を払えとの脅迫文がデスクトップの壁紙に表示される。2月に発見されたバージョンでは日本語の脅迫文が表示され、専用のサイトに誘導しビットコインで0.5BTC(約22,000円前後:4/11現在)で払えと脅すものだった。被害に遭わないためにも、今すぐFlashを最新版にアップデートする必要がある。

繰り返し出現するFlash脆弱性。「エクスプロイトキット」が最新の脆弱性を常に攻撃
今回のFlash脆弱性を攻撃するエクスプロイトキット「Magnitude Exploit Kit脆弱性を攻撃するエクスプロイトキット「Magnitude Exploit Kit」が動いていたドメイン(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロによれば、今回のFlash脆弱性を突く攻撃では「Magnitude Exploit Kit」と呼ばれるエクスプロイトキットが使われていた。エクスプロイトキットとは、複数の脆弱性を判別し攻撃する脆弱性攻撃ツールのことだ。

エクスプロイトキットは、まず被害者のパソコンの状態を確認する。ブラウザー・Flash・Javaなどのバージョンをチェックし、脆弱性が残っている古いものがないか確かめる。発見したらその脆弱性を突いて攻撃し、ウイルスなどに感染させようとする。「弱点の発見ツール」であり、同時に「万能の攻撃ツール」でもあるのだ。

サイバー犯罪者から見ると、エクスプロイトキットを使っていれば、いちいち攻撃方法を考える必要がない。古いものから今回のような最新のFlash脆弱性を、1つのエクスプロイトキットでカバーできるからだ。サイバー犯罪者にとって便利なツールであるわけだ。

このエクスプロイトキットでもっとも多く攻撃に使われているのが、Flashの脆弱性だ。トレンドマイクロの調べによれば、エクスプロイトキットが2015年に攻撃した18件の脆弱性のうち、15件がFlashの脆弱性だった(「エクスプロイトキット最新動向分析:Webサイト改ざんと不正広告を経由し、Flash脆弱性を攻撃」トレンドマイクロセキュリティブログ)。

Flashの脆弱性は繰り返し何度も登場している。
特に最近は、おおむね数ヶ月ごとにFlashの深刻な脆弱性が発見されており、悪用するサイバー攻撃が発生している。
Flashは多くのウェブサイトで使われていること、ユーザーがFlashを使っているという意識が薄く対策が甘いことなどが原因だろう。

あまりにFlashの脆弱性を突く攻撃が多いため、ネット上ではFlash自体を削除しようと呼びかけもあるほどだ。ただ、多くのサイトでFlashが使われており、削除すると不便になるため今のところ現実的ではない。私たちユーザーは、Flashを常に最新版にすることを心がけたい。

・Flashバージョンチェックの方法と自動更新設定
対策としてはまず自分のパソコンでのFlashのバージョンを確かめること。

・Adobe Flash Playerのバージョンチェック

もし古ければ、Adobeの公式サイトから最新バージョンにアップデートする。今回の脆弱性で言えば「21.0.0.197以前のバージョン」は脆弱性があるので、最新バージョンにアップデートする必要がある。

なおブラウザーのうち「Chrom」とWindows8.1/10用の「Internet Explorer」、およびWindows10用の「Microsoft Edge」では、Flashがブラウザーに統合されており、自動更新されるので操作の必要はない。

WindowsのコントロールパネルからFlashの自動更新を設定する

それ以外のブラウザーでは、Adobe Flash Playerを自動更新に設定しよう。
Windowsの場合、コントロールパネルからFlashの設定を起動し「更新」のタブで「アップデートのインストールを許可する(推奨)」を選ぶ。通知が出たら、必ずアップデートしよう。

なおIPA・情報処理推進機構では、FlashだけでなくOS・ブラウザー・Javaなどのバージョンを確認する「My JVNバージョンチェッカ」を提供している。
http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/

2016-04-11_185648オンライン通販大手「アマゾン」をかたったフィッシング(偽)メールが出回っているとして、専門機関「フィッシング対策協議会」が1日、注意を呼びかけた。受け取ってもメールをクリックしないように、誘導されてもIDやパスワードを絶対に入力しないよう求めている。アマゾンのユーザーは普段からメールを見慣れているが、いま一度、本物かどうかの確認が必要だ。

偽メールは、送信元のURLがアマゾンに似た「http://www.am●●●●●.co/」となっており、メール内のリンクの転送先は「http://www.am●●●●●.co/d13b97996c7ce2dad164446b8063a9cf/sign_in.php?encoding=UTF&ErrorE=730fd06c0dbf7a35e7ed67940d813db9」。
クリックすると、本物そっくりのサインイン画面が表示される。

フィッシング対策協議会は、今後似たような別のアドレスなどに変化する可能性もあると指摘。このような偽サイトでメールアドレスやパスワードを入力しないよう警告している。

一方、アマゾンも届いたメールが本物のメールかどうかを識別する方法を公開し、確認を呼びかけている。偽メールの傾向として、7つの注意事項を列記。(1)注文していない商品の注文確認をする内容(2)アマゾンに登録した名前やパスワードなどの個人情報を求める内容(3)お支払い情報の更新を求める内容(4)アマゾンのサイト(http://●●.amazon.co.jp/…)ではないサイトへのリンクがある(5)添付ファイルやソフトのインストールを求める内容(6)誤字や文法に間違いがある(7)送信元が本物のアマゾンのアドレスを装っている-を上げている。

さらに、アマゾンで使用する送信元には「amazon.co.jp」「amazon.jp」「amazon.com」「marketplace.amazon.co.jp」「m.marketplace.amazon.co.jp」「gc.email.amazon.co.jp」「gc.amazon.co.jp」「payments.amazon.co.jp」のいずれかのドメインが使用されているという。

アマゾンは世界最大のオンライン通販会社で、昨年12月にニールセン(東京)が発表したデータによると、およそ日本の4人に1人は利用していることになる。

フィッシング(phishing)サイト=
アクセスした個人のパスワードなどを盗み取る本物そっくりのサイトを指す。釣りという意味のfishingに、洗練された(sophisticated)の「ph」が組み合わされた造語とされる。フィッシング対策協議会の「緊急情報」では、今年に入ってからすでに、楽天銀行、ハンゲーム、じぶん銀行、セゾンNetアンサー、三井住友銀行、りそな銀行の偽サイトについて警告している。

Amazon.co.jp からのEメールかどうかの識別について
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201304810

2016-04-03_194328島全体が国立療養所大島青松園の高松市・大島。ハンセン病をめぐる歴史を伝えて島内外の交流を深めようと、瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)のさまざまな取り組みが行われている。その一つがガイドツアーだ。
ハンセン病に関する正しい知識と歴史を学びながら瀬戸芸作品などを訪ね歩く40分前後の内容で、案内するのは瀬戸芸ボランティアサポーター「こえび隊」。ツアー参加は来島の条件となっている。
「らい予防法が廃止された20年前までは、患者を療養所に隔離する政策がとられてきました」。3月下旬。メンバーの冨永公未佳さん(32)が参加者約20人に説明してツアーは始まった。2016-04-03_194412
波止場近くにある源平合戦ゆかりの松並木「墓標の松」を出発し、1平方キロ足らずの面積の島の坂道を上り下りする。病気への偏見、差別などで故郷に戻れずに他界した約2100人の納骨堂、子どもをもうけることが許されずに中絶された胎児の慰霊碑、島で生涯を終えたことを意味する遺体解剖台…。
「人間の尊厳が奪われた歴史を肌で感じました」。大島は初めてのガラス工芸作家黒川登紀子さん(45)=高松市=は、神妙な表情で話した。
春会期の作品数は、入所者が使った木造船を浮遊しているかのように展示した「海のこだま」など、大島に触発されて制作された4作品。いずれも入所者の生活寮や面会者宿泊施設といった、実際に使用された建物を発表の場にしている。
2016-04-03_194347 見る者をファンタジーの世界にいざなうのは、絵本作家田島征三さんの「青空水族館」。子どもから大人まで楽しめるインスタレーション(空間芸術)で、舞台の旧生活寮には絵本から飛び出したような、かわいいキャラクターが待っている。
海底をイメージした真っ青な部屋の奥に静かに座るのは、優しい表情の人魚。床にちりばめられたおはじきは、流した涙のようにも見える。歩を進めると、今度は剣を持った怖い海賊が“威嚇”するが、ユーモラスな表情ゆえに、親しみを覚えずにはいられない。
ガイドツアー終了後は自由行動となる。歩き疲れたら、作品の一つ「カフェ・シヨル」で休憩しよう。大島で育った果物を使ったソフトドリンクと洋菓子を頂くと、素朴な味が口いっぱいに広がる。営業日は土・日曜、祝日なので注意が必要だ。
大島を訪ねるには、高松港発着の小型船を利用。1日3往復しており、高松港旅客ターミナルビルの総合インフォメーションセンター(087―813―2244)で、乗船前に整理券を受け取る。

2016-04-03_194045台湾出身の芸術家・王文志さんが制作した「オリーブの夢」は、約5千本の竹を編み上げたドーム(高さ約15メートル、直径最大約20メートル)。香川県・小豆島特産のオリーブの実をモチーフにしている。内部にたたずむと隙間から差し込む光や風が心地良い。夜は裸電球で闇に浮かび、雰囲気が変わる。
作品がある小豆島町中山地区は棚田の名所。角田光代さん原作の映画「八日目の蝉(せみ)」のロケ地でもあり、たいまつを田んぼにかざしながら歩く伝統行事「虫送り」のシーンがよみがえる人もいるのではないだろうか。そんな日本の原風景に、人工物である巨大オリーブの作品が不思議とマッチしている。
島へは新岡山港(岡山市)から西部の土庄港へ、日生港(備前市)からは北部の大部港へ直行フェリーがあるほか、宇野港(玉野市)からは豊島経由のフェリーと旅客船も。1時間~1時間半で行ける。
瀬戸内海では淡路島に次ぐ大きさ。作品数は春、夏、秋会期を合わせて50に上る。全会場の中で最多とあって、あらかじめ気になるものをピックアップしておくと回りやすそうだ。2016-04-03_194100
島の広さから、移動は車やバスがお勧め。バスは会期中を中心に瀬戸内国際芸術祭線(1日6便)があり、土庄港、エンジェルロード前、中山など押さえておきたいスポットに停車する。料金は区間により150~300円。フリー乗車券(1日券大人千円、2日券同1500円)を持っておくと快適だ。
土庄港フェリーターミナルで服飾デザイナー・コシノジュンコさんと芸術家集団・アトリエオモヤが手掛けた「アートノショーターミナル」は今回の新作。10万個のビー玉の上を布が波のようにはためく作品やコシノさんの奇抜な衣装を展示している。既設の、ビートたけしさんとヤノベケンジさんによる彫刻「ANGER from the Bottom」も見ておきたいところ。
土庄町本町地区は「迷路のまち」。海賊の侵攻に備えたと言われ、路地が入り組んでいる。そこへカフェやギョーザ店、赤い三重塔が目を引く西光寺があり、歩けば歩くほど発見がある。駄菓子、雑貨を扱う「モノノケ堂」のエンジェルソフト(350円)は天使の羽の形をしたクッキーやカラフルな香川県の伝統菓子「おいり」がトッピングされており、手に持つだけで女子力がアップすること間違いなし。
土産店、飲食店、観光案内所がそろった施設「セトノウチ」は2月末にオープンしたばかりの新名所。土産店には厳選したしょうゆ、オリーブオイル、そうめんなどの特産品がそろう。案内所では人型ロボット「Pepper(ペッパー)」が島内巡りのヒントをくれる。

2016-04-03_193702高松港のほぼ真北に近接し、同じ航路で結ばれている女木、男木両島。ともに小ぶりな島だけに効率的にアート探訪が楽しめる上、両島間はわずか20分で行き来できる。「複数の島を1日で回りたい」という人には“メギオギコース”はうってつけだろう。
高松寄りの女木島では、空き倉庫を空間芸術の場とした「女木島名画座」が注目を集める。高松市出身の画家・依田洋一朗さん=米国在住=が、1990年代に取り壊された米・ニューヨークの映画館を忠実に再現した。たこつぼが積まれた空き地のそば、という立地も何だか面白い。
チャプリンやオードリー・ヘプバーンらのイラスト約40枚が並ぶ1階と、レトロなボックス席が印象的な2階シアターからなり、依田さんは「古い物を大事にしようとのメッセージを込めた作品を、歴史ある島で発表できて誇らしい」と話す。2016-04-03_193735
女木島の13作品(一部は夏会期から)の大半は女木港近辺で展開されている。かつて高松市の栗林公園にあった和風建物での「feel feel BONSAI」が松盆栽の最大産地・香川県をPRするなど、地域文化に光を当てた展示も見どころ。
港から1日5便のバス(大人片道300円)や電動アシスト付きのレンタサイクルを利用すれば、桃太郎伝説の鬼のすみかとされる観光スポット「鬼ケ島大洞窟」へも余裕を持ってアクセスできる。一帯は讃岐有数の桜名所。花見がてら足を延ばすのもお勧めだ。
2016-04-03_193720 もう一方の男木島は面積1・37平方キロと、女木島のほぼ半分。坂道が多いので歩きやすい靴が望ましい。急坂の路地で道を譲り合い、あいさつを交わすのが日常という人情味あふれる島だからか、ここに多く住む猫も一様に人懐こい。
築約150年の空き家に残された生活道具をオブジェ化した「自転―公転」は、ブリキ缶や食器、家電製品などを骨組みでつなぎ、モーターで回転させている。「不用品に新たな命を吹き込みたかった」と制作者の林天苗(リンティェンミャオ)さん=中国。
男木島はここ数年、移住者が相次ぎ、休校していた小・中学校が2年前に再開した。今年2月にはNPO法人が運営する図書館もオープンするなど「芸術祭によって最も活性化した島」(芸術祭実行委事務局)。今回は、同校体育館の壁に青空と白い雲を描いた「青空を夢見て」が新たに加わるなど、夏会期以降分も含めて16作品が披露される。
歩き回った後は、島の味を楽しもう。サザエごはん(男木島)や桃太郎伝説にちなむ「鬼うどん」(女木島)といった名物に加え、新鮮な魚介類を使った和食やフランス料理の店も。押しずしなどを提供する「レストランイアラ女木島」のシェフ・ソウダルアさんは「地元の最高の食材を使った、最高のおもてなしに努めます」。
各港そばの案内所は情報収集だけでなく、島名入りTシャツやキーホルダーといった土産品の購入でも重宝する。

2016-04-03_193424ヒノキ板ぶきの大屋根と入り母屋造りの外観が印象的だ。天井の風穴は、空気と自然光を取り込む。古民家や神社を改装し作品化した「家プロジェクト」が集まる本村地区に、新名所となる町民会館(通称・直島ホール)が昨年12月にオープンした。
香川県無形民俗文化財「直島女文楽」が上演できる構造で、設計した三分一博志さんは「自然エネルギーを活用した集落の特徴を取り入れた。島の伝統を感じてもらえれば」と話す。
人口約3100人の島に国内外から年間約50万人、芸術祭開催年は80万人近くが訪れる。前回の芸術祭では来島者数が約26万5千人と、断トツの人気を誇る“現代アートの聖地”だ。
玉野市・宇野港からフェリーで約20分。宮浦港に降り立ったら、フェリーターミナル「海の駅なおしま」内にある直島町観光協会へ。目的地のアクセスや島内情報を入手できる。
鑑賞スポットは、宮浦、本村地区、美術館エリアの3カ所に分散しており、移動はバスかレンタサイクルが便利だ。町営バス(大人1回100円)は1時間に1、2便。美術館エリアへは無料シャトルバスを乗り継ぐ。宮浦港から美術館エリアまで約30分。会期中は宮浦港から地中美術館への直行便(6分)も運行する。2016-04-03_193443
人気スポットの地中美術館と、家プロジェクト「南寺」がお目当てなら、早めに足を運ぼう。いずれも入場制限があり、開幕日は午後の早い時間で整理券の配布が終了した。同町観光協会は「特に来島者が増える週末は午前中がおすすめ」とアドバイスする。
定番の回り方は、宮浦港から本村地区へ。バスなら5、6分。自転車でも約10分だ。7軒の「家プロジェクト」、建築家安藤忠雄さんの「ANDO MUSEUM」(2013年)が見どころ。細い路地が入り組む昔ながらの集落を、地図を片手に散策も楽しい。
直島では1970年以降、国内外で活躍する建築家による約20の“作品”が誕生。今回、本村地区内の店舗跡で、建築を通じ直島の歴史を振り返る展示もあり、聖地の歩みをたどることができる。
昼食は民家を活用したカフェや食堂が点在する本村地区で。島内の各港周辺には地元で取れた魚介類を味わえる店もある。3年前、宮浦港近くに開店した「島食Doみやんだ」を営む井下良雄さん(63)は「新鮮な島のグルメとアートを満喫してほしい」。併設のギャラリーでは作品も展示している。
島巡りの記念になるお土産は、同町独自ブランドの食用天然塩「SOLASHIO(ソラシオ)」シリーズが人気。ソラシオを使ったチョコレートやきんつばなどが「海の駅なおしま」で手に入るほか、地中美術館でしか手に入らないマスキングテープや文具類などオリジナル商品も見逃せない。

2016-04-03_192850坂出市・沙弥島が瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)の会場となるのは春会期限り。瀬戸大橋を望むエリアに11作品があり、いずれも歩いて見て回ることができる。
快晴ならば、アーティスト五十嵐靖晃さん(37)=千葉県市川市=の「そらあみ<島巡り>」を、まず見よう。高さ5メートル、幅60メートルの大きな網が沙弥島海水浴場の波打ち際に立つ。赤や黄、黒、白、水色の糸でそれぞれ編んだ網をパッチワークのようにつないだ。網目越しに見える空と海は、まさに絶景だ。
海水浴場そばの木造建物「沙弥島・西ノ浜の家」(藤山哲朗+冨井一級建築設計事務所)は、腹ごしらえもできる瀬戸芸作品。地元名産のワカメが入ったうどん(300円)や、数量限定の「沙弥島のふぐ弁当」(800円)を販売している。2016-04-03_192953
海水浴場から徒歩で5分前後の旧沙弥小・中学校では、神戸芸術工科大の教員たちが5作品を発表。このうち漫画家でもある、しりあがり寿さん(58)=東京都渋谷区=の「赤いネジ」はあやしさが漂う空間芸術だ。
2016-04-03_192919 机といすが並ぶ薄暗い教室の中で、真っ赤なねじ(直径45センチ)のオブジェ10個がゆっくり回転し、床には教科書が無造作に置かれている。廃校で消えつつある学校の記憶を、ねじを回してとどめよう―という意図だが、しりあがりさんは「ぜひ、いすに座って不思議な空間を楽しんでください」と笑う。
沙弥島会場までは、JR坂出駅からバスで約20分。マイカーだと瀬戸中央自動車道坂出北インターチェンジから約10分。現代アートを楽しんだ後は、会場内にある東山魁夷せとうち美術館での絵画鑑賞もお薦めだ。
瀬戸芸会場の島々を結ぶ船の発着港を擁する高松港会場。JR高松駅から徒歩約10分の広場では、台湾のアーティスト林舜龍(リン・シュンロン)さん(57)の「国境を越えて・海」が、圧倒的な存在感を放つ。
台湾の木を組んだ、高さ、幅、奥行き各9メートルで重さ約60トンという巨大作品。熱帯地域の植物「ゴバンノアシ」の種に着想を得て、この“種の船”が台湾から高松港に流れ着いた―との設定にしたという。
「外観の奇抜さと中の落ち着いた空間が対照的で、とても面白いですね」。開幕日の20日、福岡市南区から訪れた会社員高松里衣さん(35)はそう言って、満足そうな表情を浮かべた。
高松港会場での展開は夏、秋の各会期が本番で、春会期の作品数は6と控えめだ。その代わり、高松市中心部の市美術館(紺屋町)では、戦後の国内美術を紹介するコレクション展が春会期に合わせて4月17日まで開催中。こちらにも足を延ばして、アートの春を満喫しよう。美術館周辺には讃岐うどんのお店がいくつもある。

2016-04-03_192620入港する船、船内で弁当を食べる子どもたち、船上での綱引き風景…。アート化されたJR宇野駅から宇野港に向かうと、商店などの外壁に飾られた巨大な写真が目に飛び込む。在りし日の宇高連絡船(1988年廃止)のさまざまな光景を切り取ったビルボード(屋外掲示板)作品だ。
瀬戸内海や宇野港が担ってきた役割を再確認する「連絡船の町」プロジェクトの一環として実施したフォトコンテストの応募作6点(縦5・44メートル、横12・2メートル~縦2・7メートル、横3・05メートル)を展示。宇野港北側の築港商店街には、同コンテストで入賞するなどした市内外の連絡船や港がテーマの写真パネル21点が掲げられている。斬新な現代アートが並ぶ瀬戸内国際芸術祭にあっては異質な趣で、港町の落ち着いた雰囲気に溶け込んでいる。
会場はコンパクトにまとまっており、作品間の移動は徒歩10分圏内。奇抜な衣類が並ぶインスタレーション(空間芸術)の「哲子の部屋」、モニュメント「海の記憶」、オブジェ「舟底の記憶」「宇野のチヌ」など2、3時間ですべて鑑賞できる。
放置自転車10台を芸術的に再生したアートレンタサイクル「終点の先へ」は体感しておきたい“実用的アート”。1日600円で借りられ、作品巡りもスムーズになる。タイヤサイズは9台が26インチ、1台が27インチ。2016-04-03_192644
情報はインフォメーションセンターで得よう。宇野駅から歩いて4分ほど、フェリー乗り場のすぐ北側にあり、スタッフが作品の場所や概要、島会場へのアクセス方法などを教えてくれる。瀬戸芸関連や県内の観光パンフレットを置き、公衆無線LAN「WiFi(ワイファイ)」も利用できる。島会場の人気施設の入館待ち時間がホワイトボードに書き出されるのもありがたい。アートレンタサイクルの貸し出しも行っている。
おなかがすいたら、宇野港会場オリジナル弁当「うのののり弁」(土・日曜、祝日限定、760円)と「SAMURAI(サムライ)おむすび」(木・金曜限定、400円)がお薦め。いずれも玉野産の雑穀5種類(黒米、モチキビ、ハトムギ、大豆、タカキビ)、胸上産焼きのりを使用。のり弁は雑穀ご飯にイチゴのピューレを混ぜ、ゲタのフライ、キビ餅、タケノコが載っている。
インフォメーションセンター、JR宇野駅観光案内所、かき氷店おまち堂宇野港店で販売。開発者の同店店員武田万実さん(39)=岡山市南区=は「玉野産食材にこだわった自信作。移動のフェリーなどで味わって」と呼び掛ける。
宇野港は芸術祭島会場への岡山側の玄関口。発着するフェリーは香川側会場の直島、豊島、小豆島、高松とを結ぶ。インフォメーションセンターで得た情報を基に、アートの旅の計画を練ろう。

2016-04-03_192323片思いの先輩に振り向いてもらうため“理系女子”は科学の力で「運命の赤い糸」を生み出す。
こんな奇抜なアイデアの映像を上映するのは、島の南部、甲生(こう)地区の古民家を改修した「豊島八百万(やおよろず)ラボ」。国際的に注目される、芸術祭初参加の現代アーティスト・スプツニ子!さんによるプロジェクトだ。ラボには作中の研究室をイメージし実験器具が並ぶ。
想定外の結果へと向かう映像のストーリー。スプツニ子!さんは「人間は縁あってこその生き物。豊島を舞台にたくさんの縁がかなうことを願っている」と作品に込めた思いを語る。
前回2013年の芸術祭では直島、小豆島に次ぐ約13万人が訪れた豊島。今回もアートはスプツニ子!さんをはじめ、話題作がそろう。新作の一つ「針工場」は美術家・大竹伸朗さんの作品。海と島の記憶をテーマに、舟の木型を逆さまにして島の北西部・家浦港から徒歩15分ほどの針工場跡に設置した。
既設では、棚田が広がる島北東部・唐櫃(からと)地区の景観と一体となった「豊島美術館」、世界中の人の心臓音を聞ける「心臓音のアーカイブ」(美術家クリスチャン・ボルタンスキー氏)、美術家の横尾忠則氏による「豊島横尾館」などがある。
豊島へは、玉野市・宇野港から家浦港へフェリーで約40分、旅客船で約25分(大人770円)。港に観光案内所があるので、島内の細かな情報はここで集めたい。2016-04-03_192346
島内はアップダウンの山道があり、レンタサイクルでの移動なら電動アシスト自転車が楽。家浦港や唐櫃港などで借りられる。東回りと西回りでシャトルバス(大人1乗車200円)が循環、多くの作品の近くに停留所がある。
「食」にも魅力がたくさん。建築家・安部良氏が設計した唐櫃地区の「島キッチン」は、地元産の野菜や魚を中心とした人気レストラン。混雑が予想されることから予約をお勧めする。イチゴ農家が営む家浦地区の「いちご家」は、イチゴたっぷりのビッグサイズのパフェがある。
島中央部の檀山(だんやま)(340メートル)山頂には展望台があり、瀬戸内海の多島美を360度見渡せる。麓には弘法大師・空海ゆかりの湧き水「唐櫃の清水」が。島キッチンから路地を歩いて数分、地元住民らが用意したコップでのどを潤せる。
巡り終えたらお土産を買おう。「レモンを瀬戸内海産の塩とレモン果汁で漬け込んだ『しおとレモン』などがお薦めです」と、豊島観光協会スタッフ浦中ひかりさん(25)。豊島はレモン、ミカン、オリーブなどが栽培され、果実を生かした加工品が充実している。

瀬戸内海の島々を舞台にした現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」が開幕した。3回目となる今回は、前回と同じ12島2港を会場に、国内外のアーティストがさまざまなアートプロジェクトを展開している。
まずは春季(4月12016-04-03_1919217日まで)に行われる8島2港を岡山から訪ね、各地域の魅力を伝える。
島を包み込む光を表現した黄色の糸約6千本が、天井から降り注ぐ。築200年の古民家を改修したギャラリー「C邸」で展開される下平千夏さんの作品「エーテル」。工事現場などで水平を取るために用いられるナイロン製の水糸を縦横無尽に張り巡らせている。ハンモックに腰かけて天井を眺めると時間の流れを忘れてしまいそうだ。
瀬戸内国際芸術祭の島では、岡山県内唯一の会場となる犬島(岡山市東区)。世界的な建築家妹島和世さんが設計、東京都現代美術館チーフキュレーター長谷川祐子さんがアートディレクターを務める「家プロジェクト」、自然エネルギーを利用した三分一博志さんの建築と柳幸典さんによる作家三島由紀夫をテーマにしたアート作品を展示する「犬島精錬所美術館」が根強い人気を誇っている。2016-04-03_191948
犬島へ向かうには、宝伝港からの定期船(大人300円)を利用する。港周辺の駐車場は70台(1日500円)と限りがあるため、定期船に合わせ、JR岡山駅から会期中1日3便運行される直行バス(大人750円、約50分)が便利だ。港近くの案内所で手荷物を無料で預かってもらえるほか、豊島・家浦港、直島・宮浦港、小豆島・土庄港行き定期船の整理券を配布しており、別の島に渡る計画を立てている場合は必ず受け取っておこう。
作品はいずれも徒歩5~10分圏内にあり、家プロジェクトと犬島精錬所美術館は、2、3時間あればのんびり鑑賞できる。今回のキーワードは「成長」。従来作品をリニューアルしたアートが多く、昨春公開した「エーテル」に手を加えた下平さんは「犬島の地面に反射するまぶしい光をさらに強調したかった」と狙いを語る。
石職人の家跡で淺井裕介さんは「太古の声を聴くように、昨日の声を聴く」をグレードアップした。島民宅の庭に眠っていた島特産の犬島石(花こう岩)を周辺に敷き詰め、草や魚、動物などをイメージさせる模様を追加している。
情報収集は犬島港近くの案内所か黒い建物のチケットセンターで。関連グッズ販売や軽食の提供も行っている。港周辺の食堂では、ゲタ(シタビラメ)のミンチやゴボウなどを甘辛く煮た汁をご飯にかける「犬島丼」をはじめ、カレーやパスタ、海鮮丼などが味わえる。
犬島海水浴場まで足を延ばすのもお薦めだ。小豆島や豊島が望めるほか、倉敷芸術科学大などの学生が制作した石の彫刻にも出合え、島とアートを丸1日かけて満喫できる。

2016-04-01_122339宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月31日、金星探査機「あかつき」の試験観測が順調に進み、4月から順次本格観測に移行すると発表した。JAXAは同日、あかつきが撮影した最新の金星画像を公開。表面を覆う雲が南北方向にも広がっている様子がとられている。

    金星は硫酸でできた雲に覆われ「スーパーローテーション」と呼ばれる秒速100メートルの暴風が東西方向に吹いていることがわかっている。3月13日に雲の量を調べる近赤外線カメラを使い、太陽が当たっていない側を撮影したところ、これまで知られていた東西方向の雲だけでなく、南北方向にも6000キロにわたって厚い雲が広がっていた。雲の成因や一時的な現象かなどを今後解明する。

    あかつきは2010年12月に主エンジンの故障で軌道投入に失敗し、5年間にわたって太陽を周回していた。昨年12月に金星軌道に再投入されて以降試験観測を開始し、現在は金星を10.5日かけて1周する最大高度36万キロの楕円(だえん)軌道を回っている。

    このアーカイブについて

    このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

    前のアーカイブは2016年3月です。

    次のアーカイブは2016年5月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    カテゴリ

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 5.2.13