2014年6月アーカイブ

迷惑広告をでなくするには
コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」を開いて、ToolbarやActiveXを中心に不審なプログラムがないかどうかチェックする。

不審なプログラムとして悪名高いものは、WebCake、Babylon、Delta、Yontoo、Addlyrics、Inbox、hao123、PC Power Speed、Browse2save、RegcleanProなどがある。

=クリーニングに必要な機材=
Delkin Devices社 センサースコープシステムは、時分でデジタル一眼レフカメラの手入れ、クリーニングをするために必要な用具一式がオールインワンでキャンリングバッグに収まってる。

センサースコープ
センサースコープ

LEDライトが四方に付いた5倍の拡大スコープ。殆ど各社のデジタル一眼レフカメラに対応している。
クリーニングモードにして、レンズを外してマウントに置くだけでかなり細かいゴミまで確認出来る。
スイッチはPUSH-ON PUSH-OFFタイプを使用、作業が大変しやすくなつている。ボタン電池 CR2025  2個使用。
センサーバキューム

USBバキュームクリーナ

ロケ先等で埃だらけになったカメラ内部の細かいゴミを吸い取る。ブラシにはデュポン製特殊素材を採用。バッテリーパック(単三電池4本)。USBからも電源を取れる。

センサーワンズ

スワブ

センサーに付いたゴミはブロアーで飛ばすのが基本。それでも取れなければこのスワブの片側に洗浄液を2滴垂らして、撮像素子面を一往復させる。 更 に乾いた側でからぶきして終了。
使用したスワブは再利用できないので捨てる。 スワブは1本1本包装されているので携行に便利。
  ミディアムサイズ(幅19mm): 6本 ラージサイズ(幅 23mm): 6本 スモールサイズ(幅 16mm): 12本 合計24本入り。

洗浄液(センサーソリューション)

洗浄液はアルコールではないので海外にも持って行ける。
洗浄液(センサーソリューション)はITO(Indium Tin Oxide: 酸化インジウムスズ)コーティング処理されたCCD, CMOSセンサーを含むすべてのセンサーに対して100%安全。
0.25オンス入りボトル 1個

レンズペン

センサーペン(LENSPEN製)

片側がブラシ、もう一方がセーム皮が先端に付いたクリーニング部になっている。
クリーニング部の先端のセーム皮は三角形で、狭いところまで届いてレンズの油汚れなどが綺麗に取り除ける。

クリーニングクロス

クリーニングクロス

デリケートな液晶画面のホコリや油膜をきれいに拭き取れる。
クリーニングクロスは両面が異なった特性を持っていて、白のマイクロファイバー面側はレンズなどのクリーニングに、テリークロス側はカメラボディやセンサースコープに付着した指紋や油などの除去に使用する。

2014-06-05_194211_2ピンホールを作る時、そのピンホールの直径はいくらであればよいか?
ピンホールの大きさが小さければ入ってくる光の量は減るので必要な露光時間は長くなるが、ピンホールの穴が小さければ小さいほど鮮明な像が得られそうな気がする。
はたして本当にそうなのだろうか?
穴の大きさがある程度大きいときには、確かに穴の直径を小さくするに従ってより鮮明な像が得られるようになる。
しかし、ある限界を超えて穴の大きさを小さくすると、今度は像はぼけ始めるが、これは「光の波の回折現象」によるものである。
簡単に言えば、穴の大きさを小さくすると、穴を通った後でピンホール板の陰に回り込む回折光の量も穴の実体部分を直進する光の量も両方ともに減少するが、回折光の減少量に比べて直進光の減少量の方がはるかに大きいので、穴を小さくするに従って回折光の影響が相対的に強まって像がぼけてしまう。
したがって、穴の直径をむやみに小さくすることは像を鮮明にすることにはならないということになる。

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13