2009年12月アーカイブ

20091222093020-1.jpg慶尚南道(キョンサンナムド)は来年、統営(トンヨン)欲知島(ヨクチド)一帯に40億ウォン(約3億円)を投入し、本マグロ養殖枠(直径25メートル・深さ20メートル)3つを備えた養殖場2カ所を設置すると21日、明らかにした。 
  慶尚南道は2014年までの5年間、水産資源研究所を通して養殖技術を確立する計画だ。長期的には2020年までに毎年50億ウォンずつ計500億ウォンを投入し、養殖場を100ヘクタールに集団化する計画だ。 
  養殖の本マグロは日本・スペイン・イタリアなど18カ国で年間4万トンが生産されている。日本は02年に養殖に成功し、年間2500-3500トンを生産している。国内では統営インソン水産が海で捕獲した本マグロ(2-40キロ、420匹)を07年から育てている。タイやソイなど従来の沿岸養殖業が、中国・日本の価格が安い養殖魚類の輸入と飼料価格の急騰で競争力を失ったことで、本マグロは代替魚種に選択された。 
  慶尚南道のチェ・クォンイ漁業振興課長は「本マグロの養殖は高付加価値産業になる」と述べた。大西洋マグロ保存国際委員会(ICCAT)など国際団体が資源の減少に対応して漁獲量を規制すれば、本マグロの養殖はさらに脚光を浴びる見込みだ。マグロの国際消費量は年間100万トンを超える。 
  海の環境変化で最近、韓国海域で本マグロの捕獲量が増えている点も養殖に必要な本マグロの幼魚の確保を容易にしている。国内の本マグロ捕獲量は07年までの5年間は年平均700トンだったが、07年には1058トン、08年には1543トンに増えている。 
  養殖はまず本マグロの幼魚を枠に入れ、魚・エビなどを与えながら育てる。3キロ(30センチ)を3-4年育てれば50キロ(1メートル)に成長し、産卵が可能になる。このマグロから卵を採取し、人工受精をさせ、また孵化する方法で個体数を増やす。。本マグロが50キロまで育つまでには600キロのエサ(50万ウォン)が必要となる。現在50キロの本マグロ1匹は250†300万ウォンで取引されている。 

  ◇本マグロ(クロマグロ)=体長3メートル、体重500キロにもなる。水温10†28度の東・西部太平洋、大西洋・地中海に生息する。寿命は25年ほど。

896368492438004994.jpg

 「悩みがあるときは焼酎、接待にはウィスキー、疲れ切ったときはビール、雰囲気を出したいときはワイン」
韓国の成人男女が状況に合わせて選ぶ酒の種類だ。韓国酒類研究院のチョ・ソンギ博士チームは昨年11†12月にかけて、全国の男女(19†59歳)2200人を面接し、「酒類に関する消費者形態調査」と題する資料を作成した。

 この調査によると、「状況によってどんな酒を選ぶか」を尋ねる質問(重複回答可)では、「悩みを打ち明けるときは焼酎が最もよく合う」という回答が全体の85.2%を占めた。また、疲労解消のためにはビール(63.5%)、接待時はウィスキー(63.5%)、雰囲気を出したいときはワイン(70.8%)が合うと答えた。
状況だけでなく、酒を飲む「場所」によっても、選ぶ酒の種類が異なった。日本料理店では焼酎(67.2%)や清酒(53.7%)、中国料理店では焼酎(49.6%)や一般蒸留酒(27.1%)が上位を占めた。刺し身店(81.1%)、韓国料理店(88.9%)は焼酎が不動の1位だった。家(75.1%)、職場(74.4%)、野外(79.6%)はビールが一番合う酒に選ばれた。
 また、性別によって酒を飲むスタイルも異なった。同調査は酒類の消費類型を、飲酒を楽しむ「愛酒家型」、酒を飲むときは個性を最も重視する「個性重視型」、そのほか「ストレス解消型」「健康重視型」などに分類した。その結果、男性は「愛酒家型」と「ストレス解消型」が最も多く、女性は「個性重視型」が最も多かった。
 成人一人が1カ月に飲む平均酒量は、焼酎の場合、350ミリリットル瓶を7本(50ccグラス48.8杯)、ビールは500ミリリットル瓶を8本(200ccグラス19.5杯)程度だった。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13