2009年10月アーカイブ

サーカスの日

| コメント(0) | トラックバック(0)

1871年10月26日フランスのサーカス団の来日を記念して「サーカスの日」と制定されました。
09102601.jpg.jpg1871(明治4)年、東京九段の招魂社(靖国神社)で、フランスの「スリエサーカス」が日本で初めて洋風のサーカスを興行したのがこの日です。
本格的なサーカスが来日したのは1886(明治19)年のチャリネ曲馬団でした。
その後、大正末から昭和にかけて有田サーカス・木下大サーカス・シバタサーカスなどが続々と創立し、人気を博した。ただし、各団体が「サーカス」の呼称で名乗るようになるのは、1913年のハーゲンベック・サーカスの来日以後のことである。
1930年代から1960年代までは20†30団体があったがその後激減し、1995年には国際サーカス、1996年には矢野サーカスが活動を休止。木下大サーカス、キグレサーカス、カキヌマ大サーカスの3団体を残すのみとなったが、同年12月にポップサーカスが旗揚げし、現在はキグレNewサーカス・木下大サーカス・ポップサーカスが日本三大サーカスとされている。カキヌマ大サーカスは拠点を海外に移したと言われているが、2002年頃までは国内での活動が確認されている。

週の始まりは日曜日なのか? 月曜日なのか?? -ある意識調査から-
09101901.jpg<週の始まりは月曜>
●月曜から会社や学校が始まるから 
●子供たちと『サザエさん』を見て、「また1週間が始まるなぁ…」と思う
●土日を「週末」と呼ぶので日曜は最後の印象がある
●1週間がんばったご褒美に土日があると思っている
●きつい毎日が始まる…という意味で
<週の始まりは日曜>
●カレンダーの日曜日が左端に配置されているから
●日曜始まりの手帳を使っているから、慣れている
●キリスト教を軸に考えれば、 金曜日に十字架に架かったキリストは週初めの日曜日に復活したと聖書にあるようだから

2009年は、どちらの手帳を使いたいか?
09101902.jpg<手帳は月曜始まりを使いたい>
●月曜始まりが見慣れている
●土日の予定はまとまっていたほうが書き込みやすい
●自分の感覚とズレるのが嫌だ
●あと5日・・・あと4日・・・と、カウントダウンしやすい
<手帳は日曜始まりを使いたい>
●最近月曜から始まるカレンダーなどが増えてきましたが、昔からの習慣からか馴染めない
●今までに慣れているので月曜からのものは混乱する
●カレンダーと同じがいい


091017sy.jpg県と、韓国・慶尚南道(キョンサンナムド)の友好交流協定の調印式が17日、岡山市内のホテルで行われた。石井正弘知事と金台鎬(キムテホ)慶尚南道知事が協定書に署名し、産業、農業、文化などの幅広い分野で交流を深めることを誓い合った。
調印式には県から11人、慶尚南道から訪問団17人が出席。石井知事は「(重工業が集積する)産業構造が岡山と似ている。共通点を生かし活発に交流したい」、金知事は「協定を韓日両国の発展につなげたい」と述べた。
 地元経済人らを招いての祝賀会もあり、県日韓親善協会副会長を務める中島博・県経済団体連絡協議会座長が「経済交流も一層深めたい」と呼び掛けた。訪問団はこの後、後楽園を視察した。
 慶尚南道は人口約300万人。江戸時代、朝鮮通信使による交流の礎を築いた高僧・松雲(ソンウン)大師の生誕地で、通信使の寄港地だった岡山と地域間交流が進んでいた。調印式は昨年7月の予定だったが、竹島(韓国名・独島)をめぐる問題で慶尚南道側が中止を申し入れ延期されていた。

20091014075556-1.jpg 「ルネサンス時代の服を着た若い女性」というタイトルの絵がレオナルド・ダ・ビンチの作品である可能性が高まり、世界の美術界が興奮している。
この作品は98年、美術品競売大手・クリスティーズのニューヨーク競売で1万9000ドル(約170万円)で売れた。
専門家は同作品を炭素年代測定法や赤外線鑑定で分析し「絵画の技法がダビンチの作品に似ている」という見方を示した。
ダビンチの作品に判明した場合、作品の価値は1億ポンド(約140億円)にのぼるとみられる。

09101101kr.jpgサムスン電機は11日、1200万ピクセルで光学3倍ズーム撮影が可能な携帯電話用CMOSカメラモジュールを世界に先駆け開発したと明らかにした。
従来の携帯電話カメラモジュールは光学ズームに対応していなかったが、今回開発した製品は、一般デジタルカメラと比較しても遜色(そんしょく)ないズーム機能を提供する。
携帯電話のタッチ画面でオートフォーカスを操作でき、選択した被写体の動きに応じピントを合わせていく機能も備えた。フラッシュ光は最長3メートルまで届く。動画は1280×720ピクセルのデジタルハイビジョン画質で、手ぶれ防止、顔認証機能、オートパノラマ、接写、連射などさまざまなデジタルカメラ機能も搭載した。

091009as.jpg航空宇宙局(NASA)の無人月探査機L(エル)CROSS(クロス)が米太平洋時間9日午前4時31分(日本時間同日午後8時31分)、氷の存在を調べるため月の南極に近いクレーターに衝突する。残念ながら日本からは見えない時に衝突するが、探査機自身が撮影する衝突の一部始終がインターネットで中継される。珍しい「天体衝突」を、リアルタイムで楽しめそうだ。

 
LCROSSは、別の無人探査機ルナ・リコネサンス・オービター(LRO)と一緒に、6月18日にフロリダ州から打ち上げられた。
燃料を使い切った2段目ロケットを、南極に近いカベウスと呼ばれるクレーターにまず先に落下させる。あとを追う「観測役」探査機のカメラや分光計で、舞い上がった土砂を観測し、氷が含まれているかどうかを調べる。カベウスは、これまでの月周回探査機の観測で、氷がある可能性が高い地点として選ばれた。
  http://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html

091009kr.jpg韓国の西海岸と中国の山東省を海底トンネルで結び、高速鉄道を走らせた場合、韓国、中国、日本の北東アジア3カ国に275兆3000億ウォン(約20兆8600億円)の経済的波及効果をもたらすという研究結果がまとまった。
 京畿開発研究院が主催し、中国の山東社会科学院が後援する「韓中海底トンネル国際セミナー」が8日、ソウル市内で開かれた。
セミナーで同研究院の趙応来(チョ・ウンレ)副会長は、韓中海底トンネルを建設した際の生産誘発効果を韓国で116兆ウォン(約8兆7900億円)、中国で150兆7000億ウォン(約11兆4200億ウォン)、日本で8兆6000億ウォン(約6500億円)と試算した。
その上で、韓中海底トンネルで両国の高速鉄道をつないだ場合、ソウル-上海間が5時間31分、ソウル-北京間が4時間26分で結ばれ、韓国の首都圏(人口2400万人)と中国の北京・上海地域(人口2億7210万人)を一つに結ぶ巨大な経済圏が形成されると説明した。
 トンネル建設で日本から欧州に至る交通ルートが形成されるとの意見も出た。中国側の山東省交通科学研究所の許雲飛研究員は「韓中海底トンネルが成功を収めれば、韓日海底トンネルの建設も本格的に推進される。中央アジアの鉄道までつなげれば現代版のシルクロードが出来上がる」と指摘した。

PA280211.jpg日本で受刑者が食べる刑務所の献立が話題になっている。 
  朝日新聞は6日、島根県浜田市にある官民共同運営の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」の一般用レストランで販売する「刑務所ランチ」が人気を集めている、と報じた。
 受刑者と同じメニューで構成された「刑務所ランチ」は、受刑者の献立に好奇心を抱く一般人のために、9月下旬から1日限定5食で370円で販売されている。 
  「刑務所ランチ」はご飯、汁物、小鉢に、受刑者に好評の酢豚など主菜が週替わりでつくという。

091005kr.jpgソウルの山々が美しい本当の理由は600年の歴史を刻んでいるからだ。市民たちに開放された北岳山(プガクサン)と仁王(インワン)山、そして南(ナム)山への道はソウル城郭につながる道を歩けば、王朝を築いて保存するのに力を尽くした朝鮮王たちの意志が感じられる。
ソウル城郭は朝鮮太祖時、初めて建築された。土城と石城でできていたが石城は荒く割れた石で積まれている。世宗時の土城は石城に替わり、石城が崩壊された所は規格の大きい石材で積まれ耐久性を高めた。壬辰・丙子両乱を経験した朝鮮は、より堅固な城を積んだ。肅宗治世に横・縦 60センチ角の滑らかな石を積んで、以前よりずっと堅固な城郭を作った。
 今の城郭は1975年から81年まで大規模で修復したもので、当時、都城の状態を調査した結果、すべての長さは1万8627メートルだったが、都心の7203メートルは消えてなくなり、1万1424メートルは破損された状態で残っていた。7つの地域に分けて工事を実施し、修復した城郭の延長は9794.6メートルだ。
 こうしてソウル城郭がやがてユネスコ世界文化遺産に登録される見通しだ。先月、オ・セフンソウル市長がユネスコ諮問機関であるICOMOS(国際記念物遺跡協議会)のディヌ・ブンバル・カナダ委員長に会った席で、城郭の世界文化遺産登録推進意志を明らかにしたからだ。現場を視察したブムバル委員長は肯定的な反応を見せた。登録できるかは申請と実体調査などの手続きを経て2013年の総会で決まる予定だ。
 写真は北岳スカイウェー八角亭近くからソウル都心方向を眺めたところだ。城郭がある北岳山裾と南山、冠岳山がひと目で見られる。城郭のうちの門は漢陽都城の北大門である肅靖門だ。ソウル城郭は日の入りから深夜1時までライトアップしている。

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13