2008年1月アーカイブ

世界最大のダムとして中国・長江中流に建設が進んでいる三峡ダムが、韓国近海の環境に影響を与えるとの懸念が現実のものになりつつある。
102915.jpg三峡ダムで長江がせき止められ、淡水の海への流入が減り、淡水に含まれるさまざまな栄養成分が海に供給されなくなった結果、海洋生態系が破壊されていることが、最近の研究で判明した。
 韓国海洋研究院は、昨年夏に長江の河口から約300キロ離れた済州島周辺の韓国南西部沿岸にある50カ所で三峡ダム建設による海洋環境の変化を調べた。その結果、植物プランクトンの炭素生産量が急激に低下していることが分かった。2006年には1立方メートル当たり561ミリグラムだったが、昨年は同456ミリグラムとなり、1年で20%も減少したことになる。
 同研究院の崔東林(チェ・ドンリム)博士は「(植物プランクトンの減少は)長江の淡水に含まれる窒素、リンなどさまざまな栄養成分が海に供給されなくなり、植物プランクトンのえさが急減したため」と説明した。植物プランクトンのえさとなる窒素化合物は、06年の海水1リットル当たり15マイクログラムだったが、昨年には0.4†0.7マイクログラムとなり、95%以上減少したことが実際に判明した。(出典:朝鮮日報電子版)

NHKがブラジルのレンソイス(Rencois)大砂丘を特集していた。
Lencois00.jpg白い大砂丘、レンソイス・マラニェンセス国立公園は、ブラジルの北東部にあるマラニョン州にあります。とは言うものの、マラニョン州は、日本の裏側ブラジルでもかなり地方の州ですから、たどり着くまでは本当に大変です。日本からブラジルの玄関口サンパウロまでが飛行機で24時間。(出典:NHK取材ウラ日記)
そこから、マラニョン州の州都であるサンルイスまでが飛行機でまた6時間。サンルイスからレンソイス観光の基地、バヘリーニャスと言う小さな街まで車で5時間ほどかかります。
レンソイスは、ブラジル国内でも最近注目を集めるようになってきた最新観光スポット。欧米でも徐々にその名が知られてきているようで、バヘリーニャスには、世界中から観光客が集まっていました。でも、残念ながら日本人の姿は見かけませんでした。やっぱり遠すぎますよね。 街の中で最も目につくのは、荷台に10席ほどの椅子が固定してある四輪駆動車のピックアップトラック。全部合わせると2百台はあるでしょうか。狭い街に溢れています。観光客は、これに乗って白い砂丘の観光に行くんです。でも観光客が行けるのは、レンソイスの端っこまで。そこまで行くのでも、車で往復4時間以上かかりますから、観光でそれ以上奥に行くことは難しいんです。

メモリーカード

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近メモリーカードの価格が急速に下落している。
memo01.jpgmemo02.jpg
先日KカメラでSDカード(Sundisk1GB)を求めたら千円台とその安さに驚かされたが・・・

秋葉原ではTranscend製低速
1GBSDカードが780円で売られているらしく、2005年には8000円だったものが2年あまりで1/10以下になったが、メモリーメーカー各社がメモリーカード用の「NANDフラッシュ」を大増産していることがこの背景にある。
SDカードは最安値となたが、コンパクトフラッシュやxDピクチャーカードなどメモリーカードの種類によっては値段にかなりの開きがある。

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13