9月の岡山県の天候 出典:山陽新聞

  • 投稿日:
  • by

2018-10-04_094059岡山地方気象台は9月の岡山県内気象概況をまとめた。秋雨前線の停滞や台風の影響で、1カ月の降水量は全25観測地点で平年を2~3倍程度上回り、このうち鏡野町恩原814・0ミリ(平年259・9ミリ)、真庭市蒜山上長田749・5ミリ(同245・4ミリ)など7地点は過去最多を更新。台風24号が接近した30日には、高梁市で観測史上1位となる最大瞬間風速23・0メートルを記録した。2018-10-04_094302
南から温かく湿った空気が流れ込み続けたことで西日本に停滞していた前線の活動が活発化し、7日から10日にかけて雨の日が続いた。9日は北部を中心に強い雨が降り、7地点で1日の降水量が100ミリを超えた。台風の影響で30日も大雨となり、新見市千屋161・0ミリ、井原市芳井町佐屋182・5ミリ、笠岡市123・0ミリで9月の降水量としては最多を更新した。
1カ月の降水量で他に観測史上最多となった地点は、鏡野町富609・0ミリ、新見市千屋594・0ミリ(同208・7ミリ)、真庭市久世482・0ミリ(同168・6ミリ)、吉備中央町452・5ミリ、美咲町445・0ミリ。鏡野町富、吉備中央町、美咲町の3地点は統計を取った期間が短いため、平年値は設けられていない。
1カ月を通して曇りや雨の日が多く、月間日照時間は全地点で平年を4割前後下回った。和気町80・1時間(同150・2時間)、倉敷市90・5時間(同154・8時間)は9月としては最短。各地の平均気温は平年並みか平年より低めだった。

台風一過

  • 投稿日:
  • by

2018-10-01_111211大荒れの天気をもたらした台風24号は、三陸沖を北東に進み、昼OLYMPUS DIGITAL CAMERA前には北海道の東部に近づくでしょう。夜までには温帯低気圧に変わる見込みですが、北海道と東北北部は、太平洋側を中心に非常に強い風が吹き、局地的には滝のような雨が降るでしょう。一方、東北南部、関東甲信から西は天気が回復し、風も収まる見込みです。太平洋側を中心に台風一過の青空が広がるでしょう。

台風24号 出典:気象庁

  • 投稿日:
  • by

P9290474台風の現況と予想
非常に強い台風第24号は、30日16時には、足摺岬の東約50キロに
あって、1時間におよそ45キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧
は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風
速は60メートルで、中心の南側190キロ以内と北側150キロ以内では
風速25メートル以上の暴風となっています。
台風はこれから30日夜のはじめ頃にかけて、非常に強い勢力を維持した
まま四国から紀伊半島に上陸する見込みです。その後も台風は速度を速めな
がら北東に進み、10月1日にかけて強い勢力で東日本や北日本を通過する
でしょう。
また、西日本から東日本に前線がのびており、10月1日には北日本に北上する見込みです。

防災事項
四国地方が台風の暴風域に入っており、猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなっている所があります。
台風の接近に伴い、西日本から北日本では急速に風が強まり、10月1日にかけて非常に強い風や猛烈な風となるでしょう。台風の進行方向の右側にあたる紀伊半島から東日本太平洋側では、記録的な暴風となるおそれがあります。
海は広い範囲で大しけとなり、西日本と東日本の太平洋側の海は猛烈なしけとなるでしょう。

岡山県
岡山県では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、暴風、高波、高潮に警戒してください。
岡山県は、台風第24号の影響で雨が降り、激しく降っている所があります。
30日夜は、台風第24号の影響で大荒れの天気となり、雷を伴って非常に激しく降る所があるでしょう。
1日は、高気圧に覆われて概ね晴れますが、北部では明け方まで雨の降る所がある見込みです。
<天気変化等の留意点>台風第24号の影響で大雨となっています。
土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
また、暴風や高波、高潮にも警戒してください。
特に堤防の改修中の河川やため池等では、水位等に十分警戒してください。
画像:猛烈な雨に煙る新幹線と旭川。榊原病院7階病室から

台風24号 出典:tenki.jp

  • 投稿日:
  • by

2018-09-30_0924312018年9月30日7時30分発表 大型で非常に強い台風第24号は、30日6時現在、屋久島の南西約80kmにあって、北北東へ毎時30kmで進んでいます。中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。この台風は、30日18時には室戸岬付近に達し、1日6時には宮古市付近に達するでしょう。その後温帯低気圧に変わり、千島の東に進む見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

台風24号(Trami)

  • 投稿日:
  • by

2018-09-29_163908大型で非常に強い台風24号は29日、沖縄付近を暴風域に巻き込みながら北上した。勢力を維持したまま30日に西日本に上陸し、10月1日にかけて日本列島を縦断する見通し。大型で非常に強い勢力のまま上陸すれば、25年ぶりとなる。7月の西日本豪雨や今月上旬の台風21号の被災地も通過する恐れがあり、気象庁は最大限の警戒を呼びかけている。

気象庁によると、台風は29日正午現在、沖縄・久米島の南南東約40キロを時速20キロで北に進んでいる。中心気圧は950ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は45メートル。

29日午前には沖縄県南城市で観測史上最も強い56・2メートル、那覇市で50・9メートルの2018-09-29_164002最大瞬間風速を観測した。

上陸後は速度が上がるため、進路周辺では風がさらに強まる恐れがあり、30日にかけて予想される最大瞬間風速は九州南部や四国、近畿65メートル、関東甲信や東海50メートル。特に南から風が吹き込む台風東側では記録的な暴風になる可能性もあり、関東や東海では最大級の警戒が必要だ。

前線も活発化し、29日昼過ぎ以降は九州から関東でも雨が強まる見通し。10月1日午前6時までに予想される24時間雨量は、最大で東海600ミリ、四国と近畿、関東甲信500ミリ、九州北部と中国、北陸300ミリ。

被害も出始めており、沖縄県のまとめでは、うるま市で29日朝、男性(62)が風にあおられて転倒するなど、これまでに県内で男女6人が重軽傷。沖縄電力によると、同日正午現在、那覇市や宜野湾市など県全体の約3割に当たる計18万9220戸が停電している。

Trami(チャーミー)
ベトナムが用意した台風名。日本など14か国から構成される台風委員会が各刻で用意した140の台風名から命名される。

ドクター・イエロー 撮影:2018-09-09

  • 投稿日:
  • by

20180909_1711ドクターイエローがいま話題になっている。これは6月22日に開かれたJR東海の株主総会で株主の「700系の引退に合わせドクターイエローも引退するのでは」という質問に対し、JR東海が2020年度も運行を続けると答えたからだ。

ドクターイエローは正式には新幹線電気軌道総合試験車という事業用車。新幹線と同じスピードで走行しながら、レールの歪み、架線の摩耗状態、架線電力の状態、信号設備の状態といった新幹線の軌道状態を検測するものだ。2018-09-10_174034

新幹線と同じ速度で走りながら検測することにより、ほかの新幹線の運行の妨げとなることなく、日中の検測を行うことができる。また、営業状態と同じリ
アルな状況で検測できるので、軌道状態を高い精度で検測することができる。

現行のドクターイエロー923形は700系をベースとした車両で、JR東海が所有する0番代T4編成が2000年に登場。
当初はJR2018-09-09_172751西日本が所有する0系ベースの922形20番代T3編成との持ち回りで検測を行い、2005年にJR西日本が923形3000番代T5編成を導入した。余談だが、T5編成はJR西日本の所属ながら、JR東海の大井車両基地に常駐しており、台車検査(台検)や全般検査(全検)もJR東海の浜松工場に委託している。また、T4編成とT5編成は製造時期が違うため、連結器カバーの構造が異なるほか、測定室の内装などにも差異がある。2018-09-09_172715

ドクターイエローは概ね10日に1回、「のぞみ」と同じダイヤでの「のぞみ検測」を行い、1カ月に1度、各駅に停車して待避線などを検測する「こだま検測」を実施。2日間かけて東京〜博多間を往復している。
画像:大雨警報の中旭川鉄橋を渡るドクターイエロー

20180906_1526改札口を抜けて新幹線のホームに上がると、カメラやスマートフォンを手にして列車の到着を待つ大勢のファンでごった返していた。ただ、いつもの新型列車のデビューと異なるのは、女性の姿が目立つことだ。そして彼女たちの着ている服やバッグにはあるキャラクターのイラストが貼られていた。サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」である。
ハローキティは、アパレル、ジュエリー、食品などさまざまなジャンルでコラボ商品が販売されている。英国の生地ブランド「リバティプリント」をはじめ海外でのコラボにも積極的だ。キティ愛好家の間で「キティちゃんは仕事を選ばない」と言われるほど多岐にわたるコラボ遍歴の中でも、今回のコラボ相手はスケールの大きさで度肝を抜く。2018-09-06_151601
8両編成で全長およそ200mにもなる「ハローキティ新幹線」だ。
6月30日から新大阪―博多間で運行を開始した。ハローキティ新幹線と新大阪駅に押しかけた1500人のファンを捉える報道陣のカメラの放列の中には、外国メディアの姿もあった。
上り「こだま730号岡山駅発は9:57、下り「こだま741号岡山駅発は12:32、画像は旭川橋梁を岡山駅方向に進むこだま741号を撮影した。
https://www.jr-hellokittyshinkansen.jp/#calendar
いくつか出た候補の中から選ばれたのがハローキティだった。「性別問わず幅広い年代のお客様に支持され、海外でも人気」(財部長)というのが理由だ。
ハローキティと新幹線という異色の組み合わせに、社内では反対する声も一部上がったが、「いいんじゃない」と賛成する声が大半を占めた。サンリオとはこれまでも、JR西日本のキャラクター「イコちゃん」とハローキティのコラボ商品開発などの実績がある。

2018-09-06_151623今回のプロジェクトは単に新幹線の車両を使ったコラボだけではなく、山陽新幹線が走行するエリアを中心に8府県をハローキティで盛り上げるという大掛かりなものだ。サンリオ側もスケールの大きさに「光栄です」(同社広報)と、まったく異論はなかった。

コラボ車両のデザインは、サンリオ側が「鉄道デザインに詳しくない」(同社広報)こともあり、JR西日本と共同で実施。エヴァ新幹線が運行を終えた今年5月末から、ハローキティ新幹線への改造作業が始まった。およそ1カ月にわたり外観の塗装や1~2号車の内装の改造が行われ、6月25日に福岡県内にあるJR西日本博多総合車両所でその姿が報道公開された。

2018-09-04_0655262018年9月4日6時30分発表 非常に強い台風第21号は、4日5時現在、足摺岬の南約190kmにあって、北へ毎時35kmで進んでいます。中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。この台風は、4日15時には舞鶴市の南東約30kmに達し、5日3時には小樽市の西約150kmに達するでしょう。その後、温帯低気圧に変わり、6日3時にはアムール川下流域に達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。次回の台風情報は、4日7時30分の予定です。


急速に雨風が強まる 最新の情報を2018-09-04_065747

20180904_1221台風21号を雲画像(上の図)で見ると、白く渦巻がくっきりしていて雨雲が発達している様子が分かります。この非常に強い勢力を維持している台風21号の接近に伴って、四国や近畿、東海などの太平洋側では急速に雨や風が強まる恐れがあります。上陸後は速度を上げて一気に本州を縦断する見込みです。1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降ったり、特急電車並みの猛烈な風が吹き荒れ、屋外での行動はきわめて危険な状態となりそうです。できるだけ不要不急の外出は控えた方が良いでしょう。また川が一気に増水したり、土砂災害の危険も高まります。tenki.jpやテレビラジオなどで最新の気象情報を常にチェックするとともに、自治体から出される避難指示や避難勧告を見逃さない、聞き逃さないようにしてください。

台風21号上陸へ 出典:読売新聞

  • 投稿日:
  • by

2018-09-03_185559常に強い台風21号は3日午後、暴風域を伴って沖縄の東を北上した。3日夜にかけて西日本の太平洋側を中心に風雨が強まり、4日の日中には四国から紀伊半島に上陸する見通し。4日夜には強い勢力で日本海へ進み、5日にかけて北日本の日本海側を北上するとみられる。今年接近した台風では最強の勢力で、気象庁は「4日から5日は全国的に暴風雨に警戒が必要。不要不急の外出は避けてほしい」としている。
気象庁によると、台風は3日15時には、沖縄県・南大東島の北東約240キロを時速20キロで北北西に進んでいる。中心気圧は945ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は45メートル。

3日夜は西日本の太平洋側を中心に雨が強まり、4日は東日本を含めた太平洋側で急激に雨や風が激しくなる見通し。雷を伴って局地的に猛烈な雨となることも予想される。

上陸後は偏西風に乗って速度を2倍以上に上げるとみられる。進行方向の東側にある地域は暴風が見込まれ、特に警戒が必要となる。

4日午後6時までに予想される24時間雨量は、東海と近畿、四国で400ミリ、関東甲信で250ミリ、北陸で200ミリ、中国で150ミリ、九州南部で120ミリ、九州北部で100ミリ。最大瞬間風速は四国と近畿で60メートル、東海で50メートル、東北、北陸、中国で45メートル、北海道、関東甲信で35メートル、九州で30メートルと予想される。気象庁は、「土砂災害や河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してほしい」と呼びかけている。

2018-08-19_150518今週は次から次へと台風が日本付近にかなり接近する見込みです。台風19号(ソーリック)と昨夜9時にトラック諸島近海で発生した台風20号(シマロン)。今週はこの2つの台風の動向に注意が必要です。
まず、台風19号です。現在、台風19号は海水温の高い海域にあって発達しながら、小笠原諸島近海をゆっくりと西に進んでいます。きょう19日は西日本・東日本の太平洋側には台風19号によるうねりが到達してさらに波が高くなる見込みです。あすには、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで雨となり、台風から離れた西日本・東日本の太平洋側でも、局地的に激しい雨の降る所がある見込みです。台風はこのあとも発達しながら、北西に進み、非常に強い勢力にレベルアップして、21日(火)には沖縄・奄美など九州南部にかなり接近して雨風強まり荒天になるおそれがあります。
【大雨の予想】九州南部・奄美地方で台風本体の雨雲がかかり、あす以降は雷を伴った非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。21日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で東海地方、近畿地方、四国地方 は100から150ミリ、九州北部地方、九州南部・奄美地方は50から100ミリの見込みです。台風から離れた地域でも大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。
【暴風の予想】あすには、沖縄地方や九州南部・奄美地方では海上を中心に次第に風が強まってしけとなり、沖縄地方では大しけになる所があるでしょう。東日本から西日本の太平洋側でも次第に波が高くなり、しける所もあるでしょう。20日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄地方は20メートル(30メートル)、九州南部・奄美地方は15メートル(23メートル)。
【高波の予想】20日までに予想される波の高さは小笠原諸島、沖縄地方は6メートル、九州南部・奄美地方は5メートル、伊豆諸島、東海地方、近畿地方、四国地方、九州北部地方4メートルです。21日には台風の接近に伴って九州南部・奄美地方、四国地方では風がさらに強くなり、大しけとなるでしょう。特に台風の接近する九州南部・奄美地方では、猛烈な風を伴って猛烈なしけとなるおそれがあります。海のレジャーは控えて、しばらくは暴風や、うねりを伴った高波に警戒してください。
19号に続いて、間髪いれずに、台風20号が、北上する見込みです。現在、台風20号はトラック諸島にあって、ゆっくりと北西に進んでいます。今後はすこしずつ速度を上げながら、24日(金)頃に西日本から東日本にかなり接近する恐れがあります。まだ予報円は大きく、進路がしっかりと定まってきたわけではありませんが、西日本・東日本にかなり接近する恐れが高まっています。台風20号の進路次第では今後の天気が大きく変わる可能性があります。